京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年2月16日

エースメタル株式会社

エースメタル株式会社

地域:京田辺市 / 山城
業種:24:金属製品製造業
50音:ア行

どんなところに使われているの?

インテリア
パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
携帯機器関連
検査機器
自動車関連

我社の仕事

当社は、アルミ板切断販売及びフライス加工一式、アルミ型材販売及び切断、穴あけ・加工一式などを主に行っています。21世紀を迎え、ますます高度化、システム化する未来社会の構築が進む中、現代ではハイクオリティでなければ、工業製品としての存在価値さえ問われる時代となってまいりました。良質の製品に必要なものは、やはり「良質の原型」です。私たちもそんなハイクオリティを求めるユーザーの期待と信頼に応えるべく、そのニーズを実現し得える設備を導入してまいりました。今では、あらゆるニーズに対応できる柔軟さを持って、高品質なものを効率的に提供させて頂いていると自負いたしております。

エースメタル株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

当社の特徴は、アルミの素材から加工して商品を作ります。アルミ一筋に携わっているために、アルミ素材の特徴、加工時に素材に与える影響などを考慮して加工する技術など、様々なノウハウを持っています。また、素材加工から行っていますので、小物商品から大物商品まで加工できるのが特徴です。大物部材(1000×2000程度)でも平面度を50μm程度に精密に仕上げます。商品が大物になってくるとマシンも制限されるために、加工できるメーカーも限定されますが、当社の場合は、アルミ材の加工であれば、どのような商品でも加工できます。

エースメタル株式会社 技術者の思い

技術者の思い

様々なニーズにこたえるために、優秀なマシンを導入するにとどまらず、全加工工程ラインの流れ、システムなどをトータル的にとらえ、より迅速で高精度な技術による繊細な加工の実現を可能にしています。写真のような商品も加工するのに、通常数年かかりますができるだけ早く加工できるよう先輩が指導していきます。

製造プロセス

エースメタル株式会社 製造プロセス1

01受注

お客様より、商品の受注を行い、システムに登録します。

次の工程
エースメタル株式会社 製造プロセス2

02切断

アルミ素材を既定の寸法に切断します。

次の工程
エースメタル株式会社 製造プロセス3

03角挽き

加工の前段取りとして、材料の角挽きをおこない、直角度、平面度などを揃えます。

次の工程
エースメタル株式会社 製造プロセス4

04加工

商品に応じて適正なマシンを選択して加工を行います。

次の工程
エースメタル株式会社 製造プロセス5

05検査

加工された商品が図面通りに仕上がっているか検査を行います。

エースメタル株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

当社の商品は、半導体や液晶の製造設備などに使用され、最終的にはスマホ、PCなどのほか、様々なエレクトロニクス商品に使用されています。

ものづくりを支える仕事

エースメタル株式会社 ものづくりを支える仕事

切断エリア

棒状・板状の様々なアルミ部材をここで既定の寸法に切断します。

エースメタル株式会社 ものづくりを支える仕事

加工エリア

どのような商品でも加工できるよう、様々なマシンがあり、加工に最適なマシンを選択し加工します。

エースメタル株式会社 ものづくりを支える仕事

量産品加工エリア

複数の治具を準備し、段取り工数をできるだけ短くして加工工数の短縮を行い量産品の加工を行います。

エースメタル株式会社 ものづくりを支える仕事

出荷エリア

商品を梱包し出荷します。

エースメタル株式会社 ものづくりを支える仕事

管理・事務部門

受発注管理、経理など会社全般業務を行います。

エースメタル株式会社 ものづくりを支える仕事

商品サンプル

身近な商品としては、JRの列車において、食事や飲み物を置くトレイが座席の前にありますが、そのトレイの一部です。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

フライス加工 | 角挽き | 非公開: 半導体

会社概要

事業内容 :アルミ板切断販売及びフライス加工一式、アルミ型材販売及び切断、穴あけ・加工一式
設立 :1981年12月
代表者 :代表取締役 小島 洋治
所在地 :〒610-0343 京都府京田辺市大住池島3番地1
電話番号 :0774-62-4838
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ