京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年6月12日

オムロン京都太陽株式会社

オムロン京都太陽株式会社

地域:南区
業種:29:電気機械器具製造業
50音:ア行

どんなところに使われているの?

医療機器・健康機器
工作機、組立機
検査機器
自動車関連

我社の仕事

オムロン京都太陽株式会社は、オムロン株式会社と社会福祉法人太陽の家の共同出資会社として設立しまし た。企業と福祉の両面をつなぐ役割を果たすことで、障がい者の雇用就労の機会をつくり、仕事の安定供給 と事業経営の安定を図ります。そして障がい者が、ソケットやタイマー、センサといった産業機械で使用される製品の製造で、自ら働くことにより生きがいが見いだせる環境づくりに努めています。また私たちの実践している創意工夫を世の中の皆様にお伝えすることで、障がい者の雇用機会拡大に貢献できれば、そして、障がい者の方たちがもっと暮らしやすい社会の実現に貢献できればと願っております。

オムロン京都太陽株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

オムロン京都太陽株式会社では、一人ひとりの能力を最大限に引き出せるよう、障がいの程度や内容を把握し、安全性はもちろん効率と生産性も兼ね備えた、誰もが働きやすい環境づくりに努めています。
作業者の特性にあわせた生産治具や補助具、半自動機を、障がいのある技術者が中心となって社内で設計・製作するなど、障がい者自らが改善を行い、自分たちのできる仕事の範囲を増やすことで、作業拡大と生産性向上をはかっています。例えば薄いナイロン袋、小さいワッシャーは、指先に障がいのある作業者は取り扱いが困難なため、自動供給を行い、重度障がい者の作業拡大と生産性の向上をはかっています。

オムロン京都太陽株式会社 技術者の思い

技術者の思い

障がいによる特性もさまざまです。片手だけで作業をしなけ得ればならない人、知的・精神障がい者方々への対応などです。この対応をこれまで培ってきた治工具の設計ノウハウを結集して様々な障がい者をもつ人でも作業できるように工夫しています。たとえば、これまではソケットの端子を一本づつ手で曲げていましたが、両手での作業が必要でした。これを治具にソケットと端子をセットするだけで11本が同時に曲げられるような治具を設計しました。これは過去のノウハウ資産であるカムの制御を駆使したことで実現しています。加えて、曲げのアタッチメントを交換するだけで6種類の製品に対応できるようになり生産性も向上した優れものの治具です。

製造プロセス

オムロン京都太陽株式会社 製造プロセス1

01スイッチ付属品のライン

薄いナイロン袋、小さいワッシャーは、指先に障がいのある作業者は取り扱いが困難なため、自動供給を行い、重度障がい者の作業拡大と生産性の向上をはかっています。

次の工程
オムロン京都太陽株式会社 製造プロセス2

02ソケットライン

ソケットは比較的簡単に組み立てができるため、重度障がい者でラインを構成しています。また作業工程を細分化する事により、より重度な障がい者が働ける場を作っています。

次の工程
オムロン京都太陽株式会社 製造プロセス3

03センサ付属品のライン

部品点数が多い袋詰めは、ランプとブザーにより、入れ間違いを防止する工夫を行い生産性の向上と品質の安定化をはかっています。

次の工程
オムロン京都太陽株式会社 製造プロセス4

04センサーライン

現在6ラインで約400種類の製品を生産しています。多品種小量生産を効率よく行うため、IT機器を駆使して作業要領書、部品の選定などを自動化し、生産性の向上と高品質を実現しています。

次の工程
オムロン京都太陽株式会社 製造プロセス5

05工作室

障がいのある技術者が中心となり、作業者の障がい特性にあわせた生産治具、補助具、半自動機を社内で設計、製作し一人ひとりの能力を引き出しています。

オムロン京都太陽株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

工場の製造機械や生産設備に使用されます。写真の電子部品をプリント基板に実装する機械や、ロボット、工作機など各業界の製造機、組立機械や生産設備の部品として使用されています。

ものづくりを支える仕事

オムロン京都太陽株式会社 ものづくりを支える仕事

3S活動

3Sは整理(SEIRI)、整頓(SEITON)、清掃(SEISOU)の頭文字のSをとったものです。管理職自ら率先垂範する事で、全員参加の活動につなげています。徹底3S活動を通じて、人材教育、社内風土醸成を図っています。

オムロン京都太陽株式会社 ものづくりを支える仕事

バリアフリー

フロア間の上下移動にエレベーターは必須です。車いすが6台乗れるゆとりのある広さを確保し、後方確認のための大きな鏡が設置されています。

オムロン京都太陽株式会社 ものづくりを支える仕事

医務室

障がい者の健康管理は大変重要なため、看護師が常駐するとともに、嘱託医(週一回)、産業医(月一回)に来ていただき、工場で働く人、宿舎で生活する人の健康管理を行っています。

オムロン京都太陽株式会社 ものづくりを支える仕事

食堂

バリアフリーの食堂です。車いすの方々も安心して食事ができます。その他、全体会議や忘年会など社内行事にも使用され社員同士の交流場所にもなっています。

会社概要

事業内容 :ソケットやリレー、センサといった産業機械に使用される製品の製造
設立 :1986年
代表者 :代表取締役社長 宮地 功
所在地 :〒601-8155 京都市南区上鳥羽塔ノ森上河原87
電話番号 :075-672-0911
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ