京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年12月5日

ユニチカスパークライト株式会社

ユニチカスパークライト株式会社

地域:南丹 / 南丹市
業種:32:その他の製造業
50音:ヤ行

どんなところに使われているの?

インテリア
スポーツ関連
日用雑貨
自動車関連
衣料

我社の仕事

ユニチカスパークライト株式会社では、ガラスビーズを使った再帰性反射材を取り扱っています。私たちは、反射する光が入射してきた方向へ再び帰る再帰性反射の機構を長年研究し、高い視認性と付加価値を持った製品をラインナップ。薄暮時や夜間の労働者、高齢者、お子様などの安全を守るお手伝いをしています。

ユニチカスパークライト株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

スパークライトは、角度特性を重視し、観測角や入射角が大きくなってもできる限り輝度を保持できるように設計し、投射された光を正確に再帰反射します。この性質は多彩な用途に利用されています。
目の位置が光源から多少ずれても、あるいは反射材の向きが光方向と平行になっても視認できるので、視認範囲が広く道路標識をはじめとする安全関係や防犯衣料、安全衣料、作業着、ベスト、ワッペンなど、広い範囲で活用いただけます。

ユニチカスパークライト株式会社 技術者の思い

技術者の思い

EN ISO20471(高視認性安全服)に規定されいる反射材に適合する高輝度タイプです。このタイプは反射表面にフィルムがなく、ガラスビーズの上半球が露出しているため、一般的に封入レンズ型より約3~5倍の高い反射性能を有します。
洗濯性に優れており、ユニフォーム、ベスト、スポーツアパレルなどの衣料やバッグ、シューズ等に使われています。

製造プロセス

ユニチカスパークライト株式会社 製造プロセス1

01商品開発

さらなる性能のアップ、新用途向けや、新機能の開発に余念がありません。

次の工程
ユニチカスパークライト株式会社 製造プロセス2

02調液・コーティング・巻取

ベースとなる基材に、接着層、反射層、ガラス層、表面フィルム層などを重ねていきます。

次の工程
ユニチカスパークライト株式会社 製造プロセス3

03検反

シートが完成すると、外観や反射光の状態などの検査を行います。

次の工程
ユニチカスパークライト株式会社 製造プロセス4

04検査

仕様通りか検査を行います。

ユニチカスパークライト株式会社 使われている場所

05どんなところに使われているの?

皆さんが最も目にする機会が多いのは、道路標識ですが、防犯衣料、防災衣料、救命胴衣、スポーツ衣料など様々な用途で使用されています。。夜間でもきちんと見えるようにするために当社の技術と商品が使用されています。

ものづくりを支える仕事

ユニチカスパークライト株式会社 ものづくりを支える仕事

技術部門

明日の新商品がここから生まれます。

ユニチカスパークライト株式会社 ものづくりを支える仕事

製造部門

用途に応じて、2つのエリアにて生産しています。

ユニチカスパークライト株式会社 ものづくりを支える仕事

2次加工部門

顧客の要求(会社名、ロゴ、形状など)に応じて加工を行います。

ユニチカスパークライト株式会社 ものづくりを支える仕事

アートとの融合

京都市産業観光局が行っている“京の七夕”イベントのひとつに、「光の友禅流し」があります。ここにも当社の技術が使用されています。

会社概要

事業内容 :再帰性反射材製造・販売
設立 :1969年9月
代表者 :代表取締役 小幡 啓介
所在地 :〒629-0311 京都府南丹市日吉町胡麻イカガヘラ13番8号
電話番号 :0771-74-1075
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ