京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年3月14日

丸江伸銅株式会社

丸江伸銅株式会社

地域:城陽市 / 山城
業種:24:金属製品製造業
50音:マ行

どんなところに使われているの?

その他
自動車関連

我社の仕事

安政年間より、160年間。
丸江伸銅は、「伸銅」分野一筋でものづくりを行ってきました。自社オリジナルの青銅棒「マルエ・ブロンズ」をはじめとする、伸銅製品の生産、業界初の横型連続鋳造の開発・提供などで、常に業界をリードしてまいりました。原料を銅合金に仕上げることを追求し極め続けています。私たちの製品をご使用くださるお客様の安全、安心な生活を支えています。

丸江伸銅株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

当社オリジナルの横型連続鋳造棒「マルエ・ブロンズ」をはじめとする連続鋳造棒製品は、「棒材」「中空棒」ともに長年にわたって、幅広い分野でご愛用いただいております。
どこよりも高品質の連続鋳造棒をお客さまに提供することを企業使命とし、製造が難しい異型製品や中間製品、あるいはご要望によっては最終製品の製造協力にいたるまで、お客さまのニーズを完璧に満たしていくための企業努力を続けてまいります。

丸江伸銅株式会社 技術者の思い

技術者の思い

長く事業を続けるには、技術的信頼だけでなく、「共生と調和」という観点が欠かせません。当社では自動生産ライン加工に対応した業界初の冷間引き抜き材の製品を供給開始して以来、一貫してお客さまの生産性アップを実現してまいりました。その豊かな実績をもとに、適正在庫管理および独自生産システムを築き、小ロット品を含めた安定供給体制で、長きにわたりご信頼をいただいています。厳格な品質管理と迅速な対応、製品への愛情を一心にこめて、これからも最高品質の製品を提供してまいります。

製造プロセス

丸江伸銅株式会社 製造プロセス1

01溶解

丸江伸銅では、高周波炉と低周波溝型炉を使用して溶解を行なっています。鋳造に最適な溶湯を供給するため、丁寧に脱ガス・除滓をし、炉前分析により成分品質管理を行なっています。

次の工程
丸江伸銅株式会社 製造プロセス2

02鋳造

当社が誇る横型連続鋳造棒は、自社開発による、溶解・鋳造の最新鋭設備から生まれます。鋳造工程においても当社独自の検査を行ない、良質で安定した素材を供給し続けています。

次の工程
丸江伸銅株式会社 製造プロセス3

03冷間引抜 ・ 矯 正

1本1本丹念に冷間引抜を施すことにより、機械的性質および寸法精度を高めます。その後、お客さまに安心して自動機にかけていただけるよう、矯正加工を行ない、真直度を出します。

次の工程
丸江伸銅株式会社 製造プロセス4

04切断・ショット加工・NC加工

お客さまのニーズに合わせて、最適な寸法・素地に仕上げ、10数台のNC旋盤を駆使して、精密な加工品を生み出していきます。

次の工程
丸江伸銅株式会社 製造プロセス5

05検査・梱包

デジタルノギスなどを用いて、寸法・外観の丹念な検査を行ない、梱包します。

丸江伸銅株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

我社の伸銅部材、部品は、主に一般家庭での水栓関係に使用されています。

ものづくりを支える仕事

丸江伸銅株式会社 ものづくりを支える仕事

エントランス

エントランスには、お手製のステンドグラスとお花で彩りを添えています。入り口には、連鋳1号機をアレンジした花壇で、お客さまをお迎えします。

丸江伸銅株式会社 ものづくりを支える仕事

品質管理

最新鋭の精密万能試験機、蛍光X線分析装置、光学顕微鏡、ロックウエル硬度計などを完備し、高精度の品質チェックを 行なっています。

丸江伸銅株式会社 ものづくりを支える仕事

環境対応

丸江伸銅では、非常時に備える自家発電装置、周辺の環境に配慮した集塵機を工場に付設。お客さま、地域の方々との信頼関係を大切にします。

丸江伸銅株式会社 ものづくりを支える仕事

オフィス

オフィス内には、大きな窓から明るい光が差し込みます。

丸江伸銅株式会社 ものづくりを支える仕事

福利厚生

お昼休みには、社員は厚生棟の明るい食堂で、ご飯を食べます。

丸江伸銅株式会社 ものづくりを支える仕事

福利厚生

シャワールームも完備。ここで1日の疲れをとります。今日も一日、お疲れさまでした!

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

青銅 | 黄銅 | 伸銅 | 鋳造加工 | NC旋盤 | 高周波炉 | 低周波炉 | 溶湯 | 除滓 | 冷間引抜 | 真直度 | ノギス | 蛍光X線分析装置 | 光学顕微鏡 | ロックウェル硬度計

会社概要

事業内容 :青銅棒・黄銅中空鋳物棒の製造および加工、販売
設立 :1944年 8月
代表者 :代表取締役社長 岡田 保雄
所在地 :〒610-0112 京都府城陽市長池五社ヶ谷20番地
電話番号 :(0774)52-3309
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ