京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年7月6日

久保商事株式会社

久保商事株式会社

地域:中京区
業種:11:繊維工業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

環境・エコ
衣料

我社の仕事

久保商事株式会社は昭和13年に京都で創業した和装小物のメーカーです。着物を着る為に必要な物を製造・販売しています。近年では、着物や長襦袢なども取り扱っています。世界に誇れる日本の和装文化を次世代に継承していく為、メーカーとして日々モノづくりに取り組んでいます。

久保商事株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

『きもの』に関するあらゆる物を商品企画から完成まで一貫してプロデュースしています。また、別事業としてフランス製のボタン・ビーズ・毛糸を扱う「ラ・ドログリー」の運営も行っています。

久保商事株式会社 技術者の思い

技術者の思い

伝統的な産業である『きもの』。受け継がれてきた日本の良き心、技を大切に守りながらも現在のライフスタイルにフィットした商品の創作に力を注ぎ、装いの美を追求しています。

製造プロセス

久保商事株式会社 製造プロセス1

01機織り

(帯揚の場合)弊社から指示した図柄の生地を丹後の機屋さんで織ってもらいます。

次の工程
久保商事株式会社 製造プロセス2

02図柄

どのような図柄の商品にするか企画立案します。

次の工程
久保商事株式会社 製造プロセス3

03色出し

前行程で決めた図案をどの様な色にしたいか思い描き色を出します。

次の工程
久保商事株式会社 製造プロセス4

04染色

色出しした色に染色してもらいます。様々な染色技法があります。どの染め方を使用するかによって同じ色でも商品の雰囲気が変わってきます。

次の工程
久保商事株式会社 製造プロセス5

05検品、整理

完成した商品は、検品・整理されて売り場に出されます。

久保商事株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

大切な日やお祝いの日、また普段着としてなど着物を着ていただく際に和装小物品として皆様にお使いいただいています。

ものづくりを支える仕事

久保商事株式会社 ものづくりを支える仕事

営業部

主に取引先の和装問屋さんへの営業を行っています。

久保商事株式会社 ものづくりを支える仕事

商品1部(着物・長襦袢)

着物や長襦袢の商品企画や製造発注業務を行っています。

久保商事株式会社 ものづくりを支える仕事

商品2部(半衿・重ね衿、帯揚、帯締)

帯揚、帯締、和雑貨などの商品企画や製造発注業務を行っています。

久保商事株式会社 ものづくりを支える仕事

商品3部(草履、バック類)

草履、下駄、バックの商品企画や製造発注業務を行っています。

久保商事株式会社 ものづくりを支える仕事

商品4部(肌着、着付小物 など)

肌着、着付小物の商品企画や製造発注業務を行っています。

久保商事株式会社 ものづくりを支える仕事

ラ・ドログリー

フランス・パリに本店を構える手芸材料店。 ボタンをはじめ、ビーズ、リボン、毛糸、造花、などフランスならではの絶妙なカラーバリエーションが自慢の手芸材料が揃います。

会社概要

事業内容 :和装小物、呉服の製造・卸業、 ボタン、ビーズショップ「ラ・ドログリー」の運営
設立 :1952年5月
代表者 :代表取締役 久保 善昭
所在地 :〒604-8352  京都市中京区堀川通蛸薬師上ル金屋町776
電話番号 :075-841-0111
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ