京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年12月6日

伝承の味 京昆布

伝承の味 京昆布

地域:北区
業種:09:食料品製造業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

食品

我社の仕事

伝承の味を守りながら、現代風にアレンジした商品を随時40~50種類取り揃えています。使用する昆布は天然の北海道産の昆布を100%使用しております。商品にあわせて昆布の種類や調理方法を使い分けて、昆布の味を最大限引き出した、商品の数々をご提供いたしております。
また商品はお菓子のような箱に入っているので味だけではなく見た目でも楽しんでいただけます。

伝承の味 京昆布 自慢の逸品

自慢の逸品

「品数が少なくてもご飯が進む」とろっと美味しい昆布の佃煮。
老若男女問わず好まれる京昆布自慢の佃煮は、「炊きたての白いご飯とご一緒に」「おにぎりの具材として」「お酒の肴として」やみつきになることまちがいなしです。

伝承の味 京昆布 技術者の思い

技術者の思い

昆布の原料には、厳選した北海道道産の天然の「真昆布」「羅臼昆布」を使用しています。
伝承の味と現代を組み合わせたこだわりの昆布。ミネラル豊富な自然の恵みである厳選食材を職人が伝統の技で仕上げており、豊かな風味と深い味わいをお届けしています。長年研究した独自の調理方法で、いつ食べても美味しいものをご提供しています。

製造プロセス

伝承の味 京昆布 製造プロセス1

01選別・洗浄

原料を厳選した後、それぞれ表面を確認し、選別を行います。

次の工程
伝承の味 京昆布 製造プロセス2

02裁断

昆布の大きさをそろえていきます。昆布の端は薄いため、それ以外の中央部のみを使用し、乾燥へ移ります。佃煮用のものは手でカットしています。

次の工程
伝承の味 京昆布 製造プロセス3

03製造

カットされた昆布を、炊く分量に合わせて醤油・水・お酒と共にとろ火で煮ます。

次の工程
伝承の味 京昆布 製造プロセス4

04検品・包装

丁寧且つ細かく商品チェック・検品を繰り返し行い、箱詰めや包装の作業を行います。

次の工程
伝承の味 京昆布 製造プロセス5

05完成

豊富なバリエーションを持つこだわりの昆布たちが店頭に並びます。

伝承の味 京昆布 使われている場所

06どんなところに使われているの?

ミネラル豊富でヘルシー、栄養も満点。現代人の生活に合った「手軽に食べられる常備菜」として食卓を彩っています。

ものづくりを支える仕事

伝承の味 京昆布 ものづくりを支える仕事

佃煮

北海道の羅臼昆布と真昆布を使用しており、長年研究した独自の調理方法で、いつ食べても美味しい「毎日食べてもあきない」佃煮です。

伝承の味 京昆布 ものづくりを支える仕事

汐吹

昆布に醤油や砂糖等を加えて昆布本来の味を生かすようにふっくらと炊き上げた汐吹昆布。北海道産昆布を100%使用しています。

伝承の味 京昆布 ものづくりを支える仕事

おやつ昆布

一味変わった一口大のキャラメルから、酢昆布、おしゃぶり昆布など、お子様のおやつやお酒のおつまみにぴったりの一品です。

伝承の味 京昆布 ものづくりを支える仕事

とろろ昆布

素材も製法もこだわった自慢のとろろ昆布。昆布をブレンド使用することにより甘みや食感が引き立ち、長年かけて熟成させた調味液のまろやかな味とコクで昆布の旨みを一層引き立てます。

伝承の味 京昆布 ものづくりを支える仕事

出し昆布

透明でクセのない利尻昆布、まろやかな真昆布、しっかりとコクのある濃い羅臼昆布を贅沢に、そして丹念にうまみを凝縮させた蔵囲の技を伝承しております。

伝承の味 京昆布 ものづくりを支える仕事

進物用

お好みの商品を組み合わせることが出来る「キューブ型の詰め合わせ」「袋詰め合わせ」や、「箱詰めのご進物用だし昆布」などをご用意しております。

会社概要

事業内容 :昆布の製造および販売
設立 :2014年3月6日
代表者 :谷口 寿朗
所在地 :〒603-8214 京都府京都市北区紫野雲林院町48
電話番号 :075-432-3877
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ