京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年12月19日

伸栄工業株式会社

伸栄工業株式会社

地域:京田辺市 / 山城
業種:18:プラスチック製品製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

その他
インテリア
パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
携帯機器関連
日用雑貨
検査機器
環境・エコ
薬品・健康・医療

我社の仕事

我社は炭素繊維材(カーボン)を中心に、特殊素材の加工に特化している企業です。 客先からの支給材(仕入材皆無)の加工経験の蓄積や、お客様と現場・受注担当者との密なコミュニケーションにより、正確な品質と納期対応に高い評価を頂いております。
・炭素繊維材(CFRP、カーボン)・・・医療機器用部品、車載用水素燃料電池用部品、ホビー用部品
・ガラスエポキシ樹脂・・・回路基板、電子部品
・アラミド、ポリマー樹脂・・・電子部品、産業用部品など
また、接着剤不要の独自勘合技術を活かし、展示会・特殊実験用・金型製作前の試作用など、組立アクリル什器の受注製作を1個より行なっています。

伸栄工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

<組立・分解できるアクリルケース>
ケースと空間の区別がつかない程透明なアクリル板を活用した組立用ケースです。独自の特許技術「ISJ接合技術」で接着材が無くても簡単に組立、分解ができます。店舗用什器やコレクションケース等での活用が注目されています。材質がアクリルですので、耐候性が高くガラスより割れにくいためケースには最適です。コストを掛けずにキレイに展示したり、実験の用途に合わせてオリジナルのケース作りなどの用途が注目されています。

伸栄工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

私達は創業以来技術と品質を第一に炭素繊維複合材を中心に業務用レントゲン装置関連部品、その他関連する製品の加工等を幅広く展開して参りました。 その貴重な経験やノウハウをよりよく生かすためにより基本に忠実にベーシックでありながら新しい時代に対応した品質の向上とその技術を生かした価値創造を求め、お客様の生活のより近くへと視野や感覚を伸ばし、新しい発展力や発信力の向上を目指して成長して行きたいと考えています。
また、炭素繊維の加工では、切断面が綺麗に仕上がる等の工夫により、お客様からは高い評価を頂いております。

製造プロセス

伸栄工業株式会社 製造プロセス1

01営業

お客様のアイデアや感性を損なわないようにご要望に忠実に製品を製作しています。こころに届く発信力をお手伝いしています。

次の工程
伸栄工業株式会社 製造プロセス2

02開発・設計

炭素繊維材を中心に、特殊素材の加工に特化、加工技術に開発力に優れています。納期、受注量に対する能力も確保しています。

次の工程
伸栄工業株式会社 製造プロセス3

03切削工程

炭素繊維材、ガラスエポキシ、アラミド、ポリマー樹脂などの平面加工を中心にフィルム状の薄物、微少な物の加工にも対応。

次の工程
伸栄工業株式会社 製造プロセス4

04検査・出荷

目視検査で傷、汚れが無いことを確認。薄物、微少物などの加工技術には、高い評価をいただいています。

伸栄工業株式会社 使われている場所

05どんなところに使われているの?

医療用レントゲン関連部品やラジコン・釣り具用パーツ、水素燃料電池部品や液晶テレビ、タブレットなどに使用されています。

ものづくりを支える仕事

伸栄工業株式会社 ものづくりを支える仕事

レーザー切断機

プラスチック関連はレーザーで切断します。切断面は接着剤を使用しないため、立体物も透明度が高く綺麗に仕上がります。

伸栄工業株式会社 ものづくりを支える仕事

クライアントコラボ

お客様オリジナルの商品ディスプレー

伸栄工業株式会社 ものづくりを支える仕事

JAPAN SHOP 2015に出展

ディスプレイ関連の展示会「JAPAN SHOP 2015」に弊社ブー スを出展。お陰様で、独自の特許技術「ISJ接合技術」が大反響でした。店舗用什器やコレクションケース等、様々な引き合いを頂きました

伸栄工業株式会社 ものづくりを支える仕事

大学との連携

京都工芸繊維大学 と加工紙の開発 で連携

会社概要

事業内容 :炭素繊維複合材・業務用レントゲン装置関連部品・回路基板の切削加工、アクリル製品企画開発製造
設立 :2009年1月
代表者 :代表取締役 榊田未央
所在地 :〒610-0324 京都府京田辺市打田宮前99番地
電話番号 :0774-65-0527
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ