京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年10月31日

共進電機株式会社

共進電機株式会社

地域:下京区
業種:29:電気機械器具製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

その他
医療機器・健康機器
工作機、組立機
検査機器
環境・エコ

我社の仕事

1948年に創業した当社は、65年間にわたり産業用電気・電子設備の開発・設計・製造を手がけてきました。ブラウン管テレビの製造設備や検査設備のモノづくりで培われた、アナログ計測技術や高電圧・高周波電源技術は、大手メーカーからの高い評価を得ています。
現在は100年企業を目指し、新エネルギー関連機器事業への展開を推進しています。既に太陽電池の検査装置では世界最高レベルの検査技術を提供し、中国、欧州へ販路を展開しようとしています。また、リチウムイオン電池に代表される2次電池や、燃料電池の検査関連機器やMEMS(マイクログリッドエネルギーマネジメントシステム)の開発にも注力し、21世紀の価値ある企業を目指しています。

共進電機株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

共進電機が開発した世界初の太陽電池能力を正確に評価測定する装置です。
世界各国の国家研究機関や大手メーカー各社、著名な研究者から商談が殺到しています。

共進電機株式会社 技術者の思い

技術者の思い

太陽電池の性能を測定することは非常に難しく、検査システムによって結果が大きく異なってしまうことが多々あります。
多くの太陽電池メーカーから『正確に測定できなくて困っている』との相談が寄せられています。
このような状況の中で、当社は独立行政法 産業技術総合研究所と共同で『世界一厳密で安定した評価測定技術と装置』の研究に取り組み、その実用化に成功しました。この装置は2013年のフランスで開催された太陽電池学会で大反響を得ました。

製造プロセス

共進電機株式会社 製造プロセス1

01組立・加工

プローブバー製作工程
一つ一つの製品を専門のスタッフが手作業で製作しています。

次の工程
共進電機株式会社 製造プロセス2

02完成品

完成したプローブバー
競合製品を遥かに凌ぐ精度と耐久性を持っています。

共進電機株式会社 使われている場所

03どんなところに使われているの?

各国の太陽電池研究機関・大学・メーカーで使われています。

ものづくりを支える仕事

共進電機株式会社 ものづくりを支える仕事

営業

当社の営業は受注、社内技術者との打合せ、納品、フォローまですべてを担当します。
国内だけでなく、欧米・中国・台湾など海外にも進出しています。

共進電機株式会社 ものづくりを支える仕事

開発

受注した案件の開発・設計を行います。
一つの領域に留まることなく、積極的に技術的課題に挑戦し、今までにない最先端の技術を生み出しています。

共進電機株式会社 ものづくりを支える仕事

製造

図面を元に製品を組立てます。
細心の注意と責任感が要求される作業ですが、自分の工夫やがんばりが、そのまま品質向上につながるので、大きなやりがいを感じることができます。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

MEMS | プローブバー

会社概要

事業内容 :太陽電池・新エネルギー関連機器の開発、設計、製造 各種自動制御装置・自動検査装置の開発、設計、製造 高電圧・高周波電源装置の開発、設計、製造 試作開発、OEM製作
設立 :1955年2月
代表者 :代表取締役  小島 久嗣
所在地 :〒600-8865  京都市下京区七条御所ノ内西町18番地
電話番号 :075-311-8555
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ