京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年11月30日

前川化学工業株式会社

前川化学工業株式会社

地域:伏見区
業種:19:ゴム製品製造業
50音:マ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
携帯機器関連
検査機器
環境・エコ
自動車関連

我社の仕事

昭和40年の創業以来、前川化学工業株式会社は工業用ゴム製品と合成樹脂製品の専門メーカーとして、産業界の生産効率向上に貢献することを目標に、高品質の製品を多彩な分野に提供してまいりました。とりわけ工業用ゴム分野では京都府有数の技術力と生産力を誇り、ベストの素材と形状を創造することに、独自のノウハウを活かしています。その成果はお客様各位から高い評価と信頼をいただいており、工業用ゴム、成形ゴム、絶縁材など、各方面へ飛躍的な成長を遂げています。また合成樹脂製品においても、企画から設計、製造にいたるリードタイムの短縮化を図るとともに、高品質な製品を安定して生産しています。

前川化学工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

写真はゴム成型加工品(ポリマー成型品)です。規格品だけではなく、特別仕様の製品にも柔軟に対応する為、当社では積極的な提案活動を展開し、企画段階からVE(Value Engineering)提案を実施。素材の選択をはじめ、形状設計や機能設計、さらには品質管理や配送・出荷を含めた生産化計画まで、ユーザーの求める機能と品質を確実にカタチにする為、様々な取り組みを行っています。

前川化学工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

ゴム素材に関しては、練りロール機を備え、取引先の要望に合わせた特性を持たせられるよう配合を行っています。特殊配合ができるのは京都で弊社だけです。また、試験機を導入し、社内で取引先の求める基準に適合するか評価するようにしています。これにより、技術力の高さと信頼を得ることができています。

製造プロセス

前川化学工業株式会社 製造プロセス1

01ゴム素材の練り

当社の特長であるゴム素材の練り工程です。ローラが2つありそのローラの間に材料を供給を繰り返し行いゴム素材を練ります。

次の工程
前川化学工業株式会社 製造プロセス2

02ゴム素材のカット

板状の素材を型の供給に最適な形状・大きさにカットします。

次の工程
前川化学工業株式会社 製造プロセス3

03ゴム素材を型にセット

前工程でカットされた材料を型にセットします。

次の工程
前川化学工業株式会社 製造プロセス4

04ゴム素材の成型

型にセットされた素材を高温、高圧で成型します。

次の工程
前川化学工業株式会社 製造プロセス5

05成型品

成型後の状態です。これらを1個ずつ分離して完成です。

前川化学工業株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

当社の商品は様々な業界の商品を生産するために使用されています。産業機器や衣料、ポンプ類などの部品などとして使用されています。

ものづくりを支える仕事

前川化学工業株式会社 ものづくりを支える仕事

営業・事務部門

営業・事務部門フロアです。営業メンバは日中はお客様訪問で留守が多いです。

前川化学工業株式会社 ものづくりを支える仕事

伏見樹脂工場

本社敷地にて、射出成型機6台(全自動)でプラスチック部品の成型を行っています。

前川化学工業株式会社 ものづくりを支える仕事

京都ゴム工場

東山区の工場にてゴム素材の練りから成型を行っています。

前川化学工業株式会社 ものづくりを支える仕事

検査部門

商品が仕様通りにできているかなどの検査を行います。

前川化学工業株式会社 ものづくりを支える仕事

品質管理部門

商品の品質を維持するために製造現場の管理や検査機器などの校正を行い、市場への不良品の流出を防ぐとともに再発防止の徹底と製造品質の向上を目指します。

前川化学工業株式会社 ものづくりを支える仕事

表彰

京都府プラスチック協同組合の役員の功績を京都市長より表彰されました。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

リードタイム | ポリマー | 射出成形

会社概要

事業内容 :工業用ゴム製品、スポンジ製品、ホース・ベルト製品、電気絶縁材料、工業用樹脂製品、押出成型品、ブロー成型品の製造
設立 :1976年7月
代表者 :代表取締役 前川 恭徳
所在地 :〒612-8473  京都府京都市伏見区下鳥羽広長町172
電話番号 :075-603-3125
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ