京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年6月16日

創栄図書印刷株式会社

創栄図書印刷株式会社

地域:中京区
業種:15:印刷・同関連業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

その他

我社の仕事

1923年,京都の地に書籍印刷業を興し,爾来80有余年,わたしたちは『書籍印刷』を専一に営んでまいりました。“日本語の美しさとは?” “書物の素晴らしさとは?” “優れた印刷とは?” 常にわたしたちは自問を積み重ねてまいりました。そしてその答えが伝統として,いまわたしたちの礎となっております。わたしたちが歩んできた80年の間に,書籍印刷の世界も大きく様変わりしました。活版からオフセットへ。ホットタイプからコールドタイプへ。コンピュータの登場・発展・普及によりDTPの世界へ。フルデジタル化の時代へ。そして次は…!私たちはもうひとつ自問してまいりました。 “いま何が必要か?”その答えが“わたしたちのいまの姿”です。わたしたちの会社をもっと知って欲しいのです。わたしたちの“先進の精神”を!「先進の積み重ねが伝統となる。」この考えこそが,わたしたちの原点です。そしてこの考えに沿って,これからもわたしたちは自問をつづけます。“印刷の未来は?” “わたしたちの未来は?” その答えを求めて,わたしたちはこれからも挑戦をつづけます。

創栄図書印刷株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

当社は、学術書、専門書、教科書、参考書などをメインに印刷しています。今までに印刷したものは多数になり、この書籍ということは、著作権などの問題もあり、提示できません。これらの本を印刷するに当たり、「技術者の思い」ともつながりますが、読みやすく、きれいに、忠実に間違いが無いように、仕上げています。

創栄図書印刷株式会社 技術者の思い

技術者の思い

日本の伝統…それを京都という地で守り,次代に継承していくことを誇りと喜びとして,学術書や専門書を数多く手掛けてきました。 それらには,普段は使用しないような特殊な文字が必要になることがあります。とくに漢字。古代文献や仏教書籍には,現在では廃されたり変化した文字や,通常とは異なる字体もあり,それを忠実に再現しないといけない場合が少なくありません。また,印刷においても,可読性と美しさが厳しく求められます。文字を通して文化の発展に貢献する,これが当社のモットーです。本は永遠に残る文化遺産。時代は移り変わっても,美しいものはいつまでも受け継がれます。伝統を守り,それを次代に継承していく,それが私たちの誇りであり喜びです。

製造プロセス

創栄図書印刷株式会社 製造プロセス1

01組版

お客様よりいただいた原稿をもとに、文字や写真、イラストなどを見やすいように配置します。

次の工程
創栄図書印刷株式会社 製造プロセス2

02初校/著作校正

原稿と照合し、レイアウト、文字、写真、イラストなどが問題ないか確認します。

次の工程
創栄図書印刷株式会社 製造プロセス3

03印刷

印刷データを印刷機に取り込み、印刷を行います。

創栄図書印刷株式会社 使われている場所

04どんなところに使われているの?

中学、高校などの教科書や参考書として、また専門書などは本屋さん、図書館などにあります。

ものづくりを支える仕事

創栄図書印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

デジタル制作部門

ここで、組版、初校までを行います。

創栄図書印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

営業

日々 お客様を訪問や電話を行い、商談活動などを行います。

創栄図書印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

休憩室

ちょっとした休憩、昼食時などに利用しています。

創栄図書印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

工場外観

工場は、南区吉祥院にあり、ここで印刷を行います。

創栄図書印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

工場内

工場内は、写真を見てもわかるように、きれいな雰囲気で印刷を行っています。

創栄図書印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

表彰

造本装幀コンクールにおいて文部科学大臣賞を受賞しました。

会社概要

事業内容 :教科書・参考書・学術書・仏教書・一般書籍、定期刊行物・雑誌などの印刷物、ポスター・カレンダー・カタログなどの商業印刷物、その他、あらゆるデジタルデータの加工・編集 など
設立 :1987年
代表者 :代表取締役社長 田中 雅博
所在地 :〒604-0812 京都市中京区高倉通二条上る天守町766番地
電話番号 :075-255-2288
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ