京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年7月6日

和光印刷株式会社

和光印刷株式会社

地域:上京区
業種:15:印刷・同関連業
50音:ワ行

どんなところに使われているの?

インテリア
スポーツ関連
パソコン・通信
医療機器・健康機器
娯楽
家電
工作機、組立機
建築
携帯機器関連
日用雑貨
検査機器
環境・エコ
美容
自動車関連
薬品・健康・医療
衣料
食品

我社の仕事

当社は創業以来60数年、印刷という仕事を通して「どうすれば社会の役に立つことができるのか」と自問自答を繰り返し歩んできました。印刷はオフセット印刷にて寺院、学校、民間の企業様など対応しています。

和光印刷株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

印刷といえば、版をセットして印刷すれば商品となり簡単なように思えますが、印刷が難しい紙や微妙な色合いを出すなどの難しい面があります。当社としては、他社が嫌がる難易度が高い印刷物に積極的に取り組んでいます。その一例として寺院のお札があります。単に印刷するのみでなく、印刷物を折加工などを行い、最終形状になるまでを当社で行っています。また、弊社は創業者である先代社長が、「新生活標語カレンダー」を世に広めたいと強く願い起業致しました。写真の日めくり式カレンダーは、印刷後の加工に非常に手間のかかるスプリング式ですが、創業以来66年間作り続けております。

和光印刷株式会社 技術者の思い

技術者の思い

お客様の難しい要望に対して、根気と情熱で取り組んでいます。どのようにしたら、お客様の要望を満足できるかを常に考えています。そのように対応することにより、自分の技術レベルも上がり業務範囲が広がっていきます。写真は、詳しい説明はできませんが、難しい印刷を行っています。

製造プロセス

和光印刷株式会社 製造プロセス1

01データ作成

MACにてデザイン、レイアウト編集などを行いデータを作成します。

次の工程
和光印刷株式会社 製造プロセス2

02製版

この機械にて、オフセット印刷の版を作成します。

次の工程
和光印刷株式会社 製造プロセス3

03印刷

版を印刷機にセットし、印刷を行います。

和光印刷株式会社 使われている場所

04どんなところに使われているの?

本や冊子、お菓子の包装紙など、身の回りの様々な印刷物に使用されています。

ものづくりを支える仕事

和光印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

印刷部門①(1F)

大型オフセット印刷機設置エリアです。多数枚印刷するときや、用紙が大きい場合に使用します。

和光印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

印刷部門②(1F)

中型印刷機設置エリアです。

和光印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

事務部門(2F)

営業、会社全般の総務、経理事務などを行っています。

和光印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

データ作成部門(3F)

データ作成部門エリアです。MACにて日々作業を行っています。

会社概要

事業内容 :印刷、印刷関連事業
設立 :1952年
代表者 :代表取締役 中島 源和
所在地 :〒602-0012 京都市上京区烏丸通上御霊前上る内構町420
電話番号 :075-441-5408
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ