京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年11月12日

城陽富士工業株式会社

城陽富士工業株式会社

地域:城陽市 / 山城
業種:24:金属製品製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

医療機器・健康機器
家電
携帯機器関連
自動車関連

我社の仕事

スマートフォンや液晶テレビなどの画面のパネルを作るために必要な機械の部品を作っています。
また航空機ボーイング777やエアバス380の機体に必要な部品や自動車のエンジンを作るために必要な機械の部品なども作っています。

城陽富士工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

展示会の出展品として世界地図を作りました。
大きなアルミプレートに、歪みを極限までに抑えて詳細かつ立体的に再現する事にこだわった世界地図です。

城陽富士工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

高価な工作機械や温度管理のされた環境の中で、高い技術力を持つ日本でしか出来ない高精度な部品加工(長尺加工、超高精度加工、横型加工、小物量産加工など)を得意とし、例えば長尺加工においては加工時の歪みが生じやすいですが、ミクロン単位で歪みを検出し細かな手作業で歪みを修正して厳しい顧客の要求を満足しています。
左の写真は加工が難しい加工例です。0.1ミリの穴が真ん中に100箇所あいています。硬くて厚い材料に、φ0.1mmのような小さい穴を開けるのは工具が破損する可能性が高くなりますが、弊社独自の技術で完成させました。

製造プロセス

城陽富士工業株式会社 製造プロセス1

01自慢の設備

長さ6mまでの材料が加工できる大型マシニングセンタです。これだけ長い材料が加工できるメーカは非常に少ないです。

次の工程
城陽富士工業株式会社 製造プロセス2

02加工・組立

マシニングセンタによって高精度に加工された製品は表面処理、検査を行い組立工程にまわります。

次の工程
城陽富士工業株式会社 製造プロセス3

03完成

たくさんの部品が組立てられて装置が出来あがります。

城陽富士工業株式会社 使われている場所

04どんなところに使われているの?

組立てられた部品によりiPhoneが完成します。

ものづくりを支える仕事

城陽富士工業株式会社 ものづくりを支える仕事

営業(広報)

自社の強みを東京で行われる展示会などに出展し全国に発信しています。

城陽富士工業株式会社 ものづくりを支える仕事

技術セミナー

自社に大手企業の設計開発者にお越しいただき社員が講師となり技術セミナーを行います。

城陽富士工業株式会社 ものづくりを支える仕事

仕上げ(検査)

機械加工が終了した製品の仕上げ作業や洗浄、測定などは細かい作業が得意な女性社員が責任を持って全て行います。

城陽富士工業株式会社 ものづくりを支える仕事

企業理念

「自分のために…」「仲間のため…」
「関わりのあるすべての仲間のために…」の企業理念のもと、城陽富士工業は常にお客様が満足頂ける製品づくりを提供してまいります。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

工作機械 | 長尺加工 | 横型加工 | マシニングセンター

会社概要

事業内容 :金属製品加工
設立 :1984年4月
代表者 :代表取締役 江森 正和
所在地 :京都府城陽市平川中道表71番地2
電話番号 :0774-53-8921
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ