京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年7月13日

大成被服工業株式会社

大成被服工業株式会社

地域:山科区
業種:11:繊維工業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

衣料

我社の仕事

当社は、創業以来38年に渡って、制服・作業服の販売に携わって参りました。「明日のユニフォームを創造し、お客様に奉仕する」を企業理念としお客様に満足して頂けるよう、きめの細かいサービスに努めております。

大成被服工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

ユニフォームで仕事をさらにおもしろく。豊富な種類からお客様にあったユニフォームを提案しています。お店では見つからないユニークなユニフォームを販売・製造しております。ロゴ入れやプリントユニフォーム、オリジナルウェアなども製造しています。

大成被服工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

現在は、様々な制服・作業服・事務服などに刺繍などを行うのをメインに行っています。お客様からの指定のデザインや、弊社がデザインするものなどもありますが、お客様に喜んでもらえるようなデザインにすることを心がけています。

製造プロセス

大成被服工業株式会社 製造プロセス1

01デザイン

お客様の要望に沿ったデザインを行います。

次の工程
大成被服工業株式会社 製造プロセス2

02刺繍

マシンに組み込んだソフトで自動で刺繍を行います。

次の工程
大成被服工業株式会社 製造プロセス3

03完成

刺繍の完成です。

大成被服工業株式会社 使われている場所

04どんなところに使われているの?

さまざまの企業や病院や施設などの制服として当社の制服が採用されています。

ものづくりを支える仕事

大成被服工業株式会社 ものづくりを支える仕事

営業・事務部門

会社全般の営業・経理業務などを担当しています。

大成被服工業株式会社 ものづくりを支える仕事

刺繍部門

このマシンにて大量に刺繍を仕上げます。

大成被服工業株式会社 ものづくりを支える仕事

様々なユニフォーム

ユニフォームは様々なものがあり、どんなユニフォームでも行っています。

会社概要

事業内容 :作業服、事務服製造卸
設立 :1981年9月
代表者 :代表取締役 高橋 英司
所在地 :〒607-8142 京都市山科区東野中井ノ上町11-42
電話番号 :075-591-8553
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ