京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年11月21日

宮本樹脂工業株式会社

宮本樹脂工業株式会社

地域:下京区
業種:18:プラスチック製品製造業
50音:マ行

どんなところに使われているの?

工作機、組立機
建築
検査機器

我社の仕事

昭和21年に創業して以来、半世紀にわたり合成樹脂と呼ばれていた時代から、プラスチック一筋にまい進してまいりました。現在、私達の暮らしを明るく照らす照明器具部品、安全なる暮らしを守るセキュリティ部品、合理化・省力化あらゆる場所で使用されている精密センサー部品を中心に製造しております。金型設計・製作、成形加工、二次加工までプラスチックの事、全てを積極的にチャレンジしております。消費者の立場に立った商品作りをして、社会に貢献することが企業の使命と考えます。

宮本樹脂工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、センサー用の射出成形部品です。
安心、安全を担う部品であり、精密成型が必要な部品です。長年培った我社の技術力により商品化されたものです。

宮本樹脂工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

我社は、射出成形一般を行うことは勿論のこと、様々な2次加工を得意としております。ABS樹脂に、様々な色のめっき処理を行ったり、木目調のフィルムを転写加工を行うことも可能です。ひとつひとつ丁寧に、傷一つない製品をお客様に提供することをモットーに仕事をしており、お客様から信頼される企業を目指しております。

製造プロセス

宮本樹脂工業株式会社 製造プロセス1

01金型製作

お客様からの図面により、金型を製作します。協力会社にて製作します。

次の工程
宮本樹脂工業株式会社 製造プロセス2

02射出成形加工

出来上がった金型を射出成形機に取り付けて、成型加工を行います。傷を付けないよう取り出し機で掴みベルトコンベアで次工程に運びます。

次の工程
宮本樹脂工業株式会社 製造プロセス3

03検査

成形された製品は、光などを当てて、傷などが無いか確認します。ひとつひとつ丁寧に確認していきます。

次の工程
宮本樹脂工業株式会社 製造プロセス4

042次加工

めっきなどの2次加工は協力会社にて行いますが、検査部門で全数検査し、不良品の流出はありません。

次の工程
宮本樹脂工業株式会社 製造プロセス5

05梱包・出荷

検査された製品は、ひとつひとつナイロン袋に入れて、出荷します。お客様まで傷一つない良品を届けます。

宮本樹脂工業株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

我社の製品は、防犯システムなどに使用されています。

ものづくりを支える仕事

宮本樹脂工業株式会社 ものづくりを支える仕事

製造部門

55Ton~450Tonまで、11台の射出成形機を保有しており、小物から大型部品まであらゆる製品を製作することが可能です。

宮本樹脂工業株式会社 ものづくりを支える仕事

検査部門

検査部門では、協力会社からの2次加工品、自社で成形された製品全てを、目視検査を行います。不良品を流出しないことが自慢です。

宮本樹脂工業株式会社 ものづくりを支える仕事

環境対応

KES環境認定を所得しており、環境にやさしい企業作りを目指しております。

会社概要

事業内容 :金型設計・製作、射出成形加工
設立 :1959年 9月
代表者 :代表取締役社長 宮本研二
所在地 :〒600-8882 京都府京都市下京区西七条比輪田町25番地
電話番号 :075-312-8501
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ