京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年7月3日

山田金属彫刻株式会社

山田金属彫刻株式会社

地域:山科区
業種:24:金属製品製造業
50音:ヤ行

どんなところに使われているの?

インテリア
医療機器・健康機器
工作機、組立機
建築
携帯機器関連
日用雑貨
検査機器
自動車関連

我社の仕事

弊社は、金型彫刻、一般彫刻、MC(マニシングセンター:数値制御工作機)による三次元加工、放電加工、金型パーツ加工等の金属加工を行っています。弊社には、精度を極め品質を極める最新機器が数多く揃っています。最新機器だけでなく重要なのが、一つ一つの仕事について、最適な機械と方法はなにかを厳しく見極める「人」の力です。弊社は、精度・品質でお客様に満足していただけるよう、スタッフの経験とノウハウを存分に活かした「ものづくり」を行っています。社員一人一人が力を合わせて会社の発展のために努力し、夢のある家族的な会社をめざし社会の発展に貢献いたします。

山田金属彫刻株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

高性能の最新のMCで、HRC60もの超高硬度材、難削材など、幅広い材料に対して高精度・高品質の加工を行っています。(HRC:工業材料の硬さを表す尺度の一つ)  また、温度・湿度を一定に管理できる機器も備え、厳しく精度を追求しています。電子部品など精密部品の放電加工に必要な電極は現在、寸法精度・形状精度で数ミクロン、面精度ではサブミクロン以下の精度が求められますが、弊社の高度な切削技術と、経験に裏打ちされたノウハウが、高精度な放電加工、電極制作に活かされています。お客様からは、高精度で安定したものづくりに高い評価をいただいております。

山田金属彫刻株式会社 技術者の思い

技術者の思い

創業以来、当社を支えてきた汎用彫刻機は、超硬カッターを備え、当時よりHRC60の超高硬度材へも彫刻加工を行ってきました。現在、彫刻の仕事の大半はNC(数値制御)彫刻機へ移行しましたが、R面への凹凸彫りや天地0.3mmの小さな文字の彫刻、底面20mmの落ち込んだ面への彫刻、円周ローレット加工、円筒内面彫刻、立ち壁の際への彫刻など、汎用彫刻機の方が有利な仕事も数多くあり、熟練のスタッフがその技術を発揮しています。(写真は刻印用金型の凹文字です。赤い部分から 0.3(赤字部内)⇒0.5⇒0.7⇒1.0⇒1.5mm)

製造プロセス

山田金属彫刻株式会社 製造プロセス1

01設計(3次元CAD/CAM)

お客さまからお預かりした図面・モデルデータから、MC加工・彫刻加工用のプログラムであるパスを生み出すのがCAD/CAM。
当社の「頭脳」というべき存在です。

次の工程
山田金属彫刻株式会社 製造プロセス2

02MC(マニシングセンター)加工

温度・湿度を一定に管理する部屋にマニシングセンターを設置し、厳しく精度を追求しています。

次の工程
山田金属彫刻株式会社 製造プロセス3

03放電加工

電子部品など精密部品の放電加工に必要な電極は現在、寸法精度・形状精度で数ミクロン、面精度ではサブミクロン以下の精度で加工します。(写真は手前から型彫り放電加工機、ワイヤ放電加工機を設置しています)

次の工程
山田金属彫刻株式会社 製造プロセス4

04彫刻

NC彫刻機で加工が難しい彫刻は、熟練した職人が加工します。

山田金属彫刻株式会社 使われている場所

05どんなところに使われているの?

スマートフォン、タブレット、液晶テレビや自動車に使われる半導体や、電子部品の金型に使用されています。

ものづくりを支える仕事

山田金属彫刻株式会社 ものづくりを支える仕事

検査部門

超高精度を要求される加工ですので、拡大顕微鏡2台、CCDカメラ顕微鏡1台と充実した計測設備で全数検査を行います。

山田金属彫刻株式会社 ものづくりを支える仕事

展示会

タイのMfairものづくり商談会では沢山のお客様が来場されました。定期的に国内、海外の展示会に出展しています。

山田金属彫刻株式会社 ものづくりを支える仕事

金型新聞に掲載

金型新聞に2回目の掲載。3次元電極、小型リブなどの高精度加工を評価いただきました。

会社概要

事業内容 :金型彫刻、一般彫刻、MC三次元加工、放電加工、金型パーツ加工、その他
設立 :1980年4月
代表者 :代表取締役 山田 竜治
所在地 :〒607-8145 京都市山科区東野八反畑町21-5
電話番号 :075-591-2804
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ