京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年2月23日

岩本印刷株式会社

岩本印刷株式会社

地域:南区
業種:15:印刷・同関連業
50音:ア行

どんなところに使われているの?

携帯機器関連
日用雑貨
食品

我社の仕事

我社は、”未来をすてきに、あざやかに。” をモットーに、印刷全般、お茶袋、パッケージ全般を取り扱う会社です。インターネットの普及に伴い、ホームページだけでなく「AR」の制作業務なども行っております。近年は特に「AR」を使ったアプリケーションの開発や企画が実施されるようになり、スマホユーザーの間で認知度が高まっており、注力している分野です。

岩本印刷株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

プロモーションの手法はインターネットの定着により、年々変化をしており、プロモーションも膨大な数があるため、十分な効果をあげるのがむずかしく、スマートフォンやタブレットに移行が進み、さらに新しいプロモーションが求められています。我社は、印刷ツールとインターネットツールの相互効果を活用した訴求方法として、「AR」に注力し、提案・制作しております。「エアタグ機能」を使用すれば、GPSを利用し、特定(地図で決められた)場所の方向にカメラを向けると、モニタ上に周辺スポットを表す付箋「エアタグ」が表示されます。「エア」をタッチすると、その情報を知ることができ、ナビゲーション(道案内)を行うことが可能です。 「エアタグ」は、「AR」の核となる機能のひとつです。

岩本印刷株式会社 技術者の思い

技術者の思い

「AR」を活用したプロモーションのメリットとして、
① インパクトのある訴求(効果あるプロモーション)
② 写真やテキストでは伝わりにくい情報を紹介
③ シェアすることにより、SNS時代の起爆剤となる
「AR」は様々なイベントを盛り上げてくれます。ご当地キャラクターを使用したAR記念撮影では、突如出現するキャラクターに来場者もびっくり。集客やキャラクターの認知度をあげる手助けとなります。

製造プロセス

岩本印刷株式会社 製造プロセス1

01コンテンツ企画提案

コンセプトとターゲットを明確にし、コンテンツの見せ方や企画をご提案します。

次の工程
岩本印刷株式会社 製造プロセス2

02ARアプリの選定

汎用(共用)アプリ or オリジナル(専用)アプリ、ARエンジンにより対応する形式が異なります。

次の工程
岩本印刷株式会社 製造プロセス3

03認識対象画像制作

認識させるマーカーや画像を制作します。

次の工程
岩本印刷株式会社 製造プロセス4

04コンテンツデザイン制作

映像や3DCGアニメーションを制作します。

次の工程
岩本印刷株式会社 製造プロセス5

05アプリ制作・登録申請

アプリ用プログラムとの紐付け作業およびマーカーとの調整を行います。動作検証終了後、登録申請を行い作業完了。

岩本印刷株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

【携帯・タブレット端末】
 POPや食品パッケージと連動させ、プロモーションに活用します。

ものづくりを支える仕事

岩本印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

印刷

我社は、高い印刷技術によるオフセット印刷・シルク印刷・グラビア印刷・UV印刷・シール印刷など、様々な印刷方式を通じて、コミュニケーションツールをご提案させていただきます。

岩本印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

お茶袋・その他包装資材

お茶袋、茶缶、カートン、懐紙、包装紙など様々なお茶用包装資材を取り揃えております。また、お茶袋への印刷・オリジナル袋の印刷なども取り扱っております。

岩本印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

販売促進ツール

ノベルティの製造・販売をすることにより、お客様の販売促進のお手伝いをしています。商品を引き立たせるアイキャッチ性の強いPOP類なども取り扱いをしております。

岩本印刷株式会社 ものづくりを支える仕事

IWAMOTO AR

「AR」は、我社が注力している事業の一つで、今後の成長を目論んでおります。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

非公開: AR | エアタグ | オフセット印刷 | シルク印刷 | グラビア印刷 | UV印刷 | シール印刷

会社概要

事業内容 :デザイン、小売、印刷、パッケージ素材の製造および販売等
設立 :1958年4月4日
代表者 :代表取締役 中西 剛
所在地 :〒601-8317 京都市南区吉祥院新田弐ノ段町12番地
電話番号 :075-671-2112
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ