京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年4月4日

嶋田プレシジョン株式会社

嶋田プレシジョン株式会社

地域:伏見区
業種:18:プラスチック製品製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
娯楽
家電
工作機、組立機
携帯機器関連
自動車関連

我社の仕事

当社は光学プラスチック成形、精密加工技術を基盤として事業を展開しています。お客様のあらゆるニーズに対し迅速にお応えすることで、高い評価をいただいております。
•光学プラスック部品の設計、ユニット設計、試作開発から量産
•外観(加飾含む)、機構用途などのプラスチック部品の金型設計・製作から量産
•スパッタリングによる成膜加工(ランプリフレクタなど)
•短納期、高品質な精密金型の設計製作(中国、韓国、アセアンの協力会社と連携)とメンテナンス(国内)
•海外での部品、金型供給(中国東莞、マレーシア、インドネシアでは現地スタッフ駐在)

嶋田プレシジョン株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

<高輝度LED導光板、イルミネーションパネルの供給 >
最大40インチまでの導光板(高輝度バックライト)を光学設計、金型製作、パターン作製から、製品供給(国内、中国、アセアン等)までを行います。 LEDバックライトの開発・生産はあらゆるサイズにて、お陰様でQCDにおいて、お客様から高い評価をいただいています。用途は携帯電話、タブレット、PCモニタ、TVや車載用のメータやナビゲーションなど幅広くございます。
アンビエント照明の導光レンズや各種イルミネーションパネルへの展開も行っています。

嶋田プレシジョン株式会社 技術者の思い

技術者の思い

<超精密加工技術 >
様々なプラスチック光学部品を設計・開発から生産まで行います。開発では、専用ソフトによる光学シミュレーションを行い、当社オリジナルの超精密加工機により試作品を製作して性能を確認します。目的の性能が確保できれば量産用の金型加工に展開します。その際、使用する工具から加工用ジグ設計、加工プログラム作成までの準備からこだわり、温度、湿度、振動などの外乱に配慮した環境下で加工を行います。
我々は益々高度化するお客様の要求に対し独自性の高い技術で応えることを使命とし、社会に貢献できる「ものづくり」に挑戦していきます。

製造プロセス

嶋田プレシジョン株式会社 製造プロセス1

01光学設計

お客様の仕様に基づき、「光を操る!」をコンセプトに光学設計および解析、周辺部品も含めたユニット設計までを行い、光を最適にコントロールされたデザインを導出します。

次の工程
嶋田プレシジョン株式会社 製造プロセス2

02試作開発

光学設計やユニット設計に基づいて導出されたデザインを、3Dプリンターや超精密加工機などを駆使をしてサンプル製作を行い、光学評価も含めた試作開発に対応します。

次の工程
嶋田プレシジョン株式会社 製造プロセス3

03金型設計

2D・3D CADのエキスパートによる金型設計製作を行います。また成形品流動解析も対応。急激な熱交換を伴う射出成形に適合した温調設計、複雑なアンダーカットに対応した構造検討など行います。

次の工程
嶋田プレシジョン株式会社 製造プロセス4

04加工

2D・3D CADのエキスパートによる金型設計製作を行います。また成形品流動解析も対応。急激な熱交換を伴う射出成形に適合した温調設計、複雑なアンダーカットに対応した構造検討など行います。

次の工程
嶋田プレシジョン株式会社 製造プロセス5

05量産

当社オリジナルの高性能射出成形機で主に光学用途に使用される透明樹脂の成形を行います。異物、キズなどの外観検査や輝度、配光性能などの光学検査といった品質管理を行い製品を出荷しています。

嶋田プレシジョン株式会社 使われている場所

06どんなところに使われているの?

主に自動車内装・外装照明やメーター関連、スマートフォン、PCなどに使用されています。その他、TVを始めとした家電製品など日頃、目にする外観部品から内部構造部品まで、工事灯など幅広く使用されています。

ものづくりを支える仕事

嶋田プレシジョン株式会社 ものづくりを支える仕事

明るい職場で社員同志の交流も盛んです。BBQやソフトボール大会、新年会など総務グループが企画した全員集合のイベントを通して親睦を深めています。

嶋田プレシジョン株式会社 ものづくりを支える仕事

営業

営業グループでは既存・新規顧客への受注活動のため全国を奔走しています。お客様に同行して海外に出向くこともあります。取扱う案件は金型、成形、二次加工や組立など幅広い内容となります。

嶋田プレシジョン株式会社 ものづくりを支える仕事

設計・技術

設計グループではお客様との仕様打合せを経て、金型設計を行い、完成した金型の立上げまでフォローします。技術グループでは光学設計や超精密加工の要素技術向上や新規開発を行ってお客様への提案も行っています。

嶋田プレシジョン株式会社 ものづくりを支える仕事

成形・量産管理

成形グループでは社内設備による生産を立上げから検査、梱包まで一貫して行います。必要なジグの準備など生産技術も対応します。量産管理グループでは社内ならびに外部(協力会社)での生産の品質管理の対応を行います。

嶋田プレシジョン株式会社 ものづくりを支える仕事

4S活動(見える化)

全員参加で各部門、毎日実施の4S活動を通し、「見える化」を行うことで問題や変化点に対して適時に処置を講ずることが可能になり、無駄を省いた管理につなげています。

嶋田プレシジョン株式会社 ものづくりを支える仕事

海外生産拠点

中国東莞、マレーシア、インドネシアの現地にスタッフが駐在し、供給体制を確立しています。さらなる拠点拡大も検討中です。

会社概要

事業内容 :金型・光学部品の設計・製造、 小~大型導光板・BMCの成形~アセンブリ・金型製造
設立 :1965年4月
代表者 :代表取締役 嶋田秀人
所在地 :〒612-8291 京都府京都市伏見区横大路天王後50
電話番号 :075-611-6115
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ