京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年11月29日

川村製作所

川村製作所

地域:南区
業種:24:金属製品製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
医療機器・健康機器
工作機、組立機
携帯機器関連
検査機器
自動車関連

我社の仕事

当社は、主に産業用ロボットの部品を製造しています。
包装機、食品検査ロボット、検査装置、プラスチック製品の取り出しロボットなど多数の部品を製造しています。

川村製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、棒状部材にネジを切った部品です。大きさはφ30×400の大きさで、その長さの半分ぐらいをネジ切りを行っています。長い部材の加工になると、同心円状で加工するのが、難しくなりますが、治具などを駆使して、精度よく仕上げました。

川村製作所 技術者の思い

技術者の思い

お客様の納期や、高精度な要求に、如何にこたえられるか。お客様が困っておられることは何とか解決したい。そのような思いから、数量が少ない、短納期であっても、高精度な部品を供給し続けたいと思っています。写真は、そのような思いで製造したロボット用部品です。

製造プロセス

川村製作所 製造プロセス1

01プログラミング

NCマシンで加工するために、精度良く加工するために、加工順番などを検討しプログラムしていきます。

次の工程
川村製作所 製造プロセス2

02旋盤加工

部材を固定し回転させ、刃物を部材にあてて円柱状に加工を行います。

次の工程
川村製作所 製造プロセス3

03マシニング加工

切削、溝、穴加工などを行います。仕上がりは同じであっても、加工順番により、精度に影響が出てきますので、より精度が出るように組まれたプログラムにより下降していきます。その後、検査を行い出荷します。

川村製作所 使われている場所

04どんなところに使われているの?

製造用ロボット、検査用ロボットなどから、PC、スマホ、自動車、薬品など様々な商品が生まれてきています。

ものづくりを支える仕事

川村製作所 ものづくりを支える仕事

マシニングセンタエリア

マシニングセンターを数台設置し、加工しています。

川村製作所 ものづくりを支える仕事

フライス加工エリア

汎用フライス加工マシンです。加工数量が少なく、短納期対応時などに活躍します。

川村製作所 ものづくりを支える仕事

旋盤加工エリア

第2工場に旋盤加工エリアがあります。NC旋盤、汎用旋盤を数台設置しています。

川村製作所 ものづくりを支える仕事

ワイヤ放電加工エリア

第2工場にあります。主に、焼入れ部材や超硬合金などの加工に用います。

川村製作所 ものづくりを支える仕事

事務所

製造業務以外の会社全般の業務を行います。

川村製作所 ものづくりを支える仕事

第2工場

本社工場にすぐ近くにある、第2工場です。

会社概要

事業内容 :産業用ロボット部品の製造
設立 :1988年10月
代表者 :代表 川村 義雄
所在地 :〒601-8204 京都市南区久世東土川町200-19
電話番号 :075-922-6055
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ