京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年5月25日

有限会社サン・ユニット・カンパニー

有限会社サン・ユニット・カンパニー

地域:久世郡 / 宇治市 / 山城
業種:16:化学工業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

建築
日用雑貨
環境・エコ

我社の仕事

当社の蓄光製品は、約20分蛍光灯や太陽光に照らすだけで明かりを蓄え、その後10時間明るい状態を保ちます。電気を使用しないため、避難所への指示看板や非常口などのピクトグラムを蓄光製品にすることで、災害時や停電時でも発光し、安心・安全な地域づくりを目指せます。車いすや杖に巻きつけられるテープや蓄光アクセサリーなども用意し、通販サイトを通して、個人の方にも便利にご利用いただいています。

有限会社サン・ユニット・カンパニー 自慢の逸品

自慢の逸品

災害ボランティアで地域に訪問した際、電信柱は電線で引っ張り合っているため、倒壊していないことに気が付きました。この製品は、それをヒントに開発しました。電信柱に張り付けて使用するもので、過去の津波の高さが分かる表示と一緒に避難場所を案内できるよう工夫しています。

有限会社サン・ユニット・カンパニー 技術者の思い

技術者の思い

障害者、健常者、子供から年配の方まですべての方が安心安全な生活が確保できるようにと、蓄光製品の開発に注力してきました。その甲斐あって、災害時に停電中でも避難先の体育館でトイレまで簡易蓄光カンテラで通路をつくって夜間の歩行を確保したり、階段の段差が分かりやすいように蓄光テープを埋め込むことで歩きやすくするなど、徐々に地域に根付いています。これからも、より一層便利な商品を作れるよう頑張っていきたいと思います。

製造プロセス

有限会社サン・ユニット・カンパニー 製造プロセス1

01企画・開発

新製品ができるまでには、何年も試作を繰り返し、納得がいくまで試行錯誤しながら作り上げていきます。製品は、お客様からの依頼に応じて素材やデザインを詰めていきます。

次の工程
有限会社サン・ユニット・カンパニー 製造プロセス2

02設計

仕様が決まったら図面を起こして作成に入ります。

次の工程
有限会社サン・ユニット・カンパニー 製造プロセス3

03検査検品

出来上がった製品の検品作業風景

次の工程
有限会社サン・ユニット・カンパニー 製造プロセス4

04封入作業

検品後、出荷できるように封入していきます

有限会社サン・ユニット・カンパニー 使われている場所

05どんなところに使われているの?

屋外での津波避難誘導で設置されました。

ものづくりを支える仕事

有限会社サン・ユニット・カンパニー ものづくりを支える仕事

光る誘導プレート

避難場所や非常口の指示プレートに利用されています。

有限会社サン・ユニット・カンパニー ものづくりを支える仕事

ショールーム

左は明るい室内、右は暗室にした場合です。

有限会社サン・ユニット・カンパニー ものづくりを支える仕事

事務所風景

京都元気印企業として表彰されました。大学などとも連携し、新製品開発に力を入れています。

有限会社サン・ユニット・カンパニー ものづくりを支える仕事

施工例①

危険防止・避難誘導・事故防止につながる商品です。電柱のボルトに装着します。

有限会社サン・ユニット・カンパニー ものづくりを支える仕事

施工例②

危険防止・避難誘導・事故防止につながる商品です。ガードレールのボルトに装着します。

有限会社サン・ユニット・カンパニー ものづくりを支える仕事

施工例③

福祉施設の入り口アプローチに蓄光石を利用し、安全に通行できるようにしています。

会社概要

事業内容 :蓄光製品開発・製造卸
設立 :2000年1月1日
代表者 :代表取締役 北川 奈那美
所在地 :京都府久世郡久御山町栄二丁目1-148
電話番号 :0774-41-2366
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ