京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年7月12日

有限会社パスワールド

有限会社パスワールド

地域:上京区
業種:39:情報サービス業
50音:ハ行

どんなところに使われているの?

スポーツ関連
パソコン・通信
医療機器・健康機器
携帯機器関連
検査機器
環境・エコ

我社の仕事

弊社は組込ハードウェア・ソフトウェアの製品開発に携わりながらコンサルティングサービスを提供しています。
無線送受信(Bluetooth, Wifi等)、AndroidやiOS端末等の携帯機器との双方向通信に加えネットワーク上のデータ交換を含む多様な開発ソリューションを駆使し、開発や技術サポートを行っています。

有限会社パスワールド 自慢の逸品

自慢の逸品

Recreational(娯楽の)Educational(教育的な)Original(独創的な)を意味するREOボードは、タブレット使用によりモーター制御が可能な弊社製品です。
ソースコード提供によりプログラミングに興味のある方のホビー用または教材として、開発者の試作用に、また知的遊具として幅広い用途に使用可能です。タブレット用プログラム「音声開発スタジオ」提供により音声によるコマンドも可能となっています。

有限会社パスワールド 技術者の思い

技術者の思い

環境に優しい低消費電力かつ修理可能で高機能なシステムを構築し、更に子供にも使用可能な玩具や教材として展開するべく開発を進めています。また、組み込みシステムの開発や低消費電力技術機器の開発経験を活かしながら、日本と海外との技術交換・相互協力に貢献することを目指して日々取り組んでいます。

製造プロセス

有限会社パスワールド 製造プロセス1

01 回路設計

弊社にてハードウェア用の回路設計を行い、プリント基板の作製を外注します。

次の工程
有限会社パスワールド 製造プロセス2

02実装

作製された基板上にマイクロスコープを利用しながら各部品を半田付けします。その後、ソフトウェアをプログラミングし動作確認を行います。

次の工程
有限会社パスワールド 製造プロセス3

03ケース作製

ハードウェア・ソフトウェアが完成したら、 CNC形成機を使用して製品試作用のケースを作製します。

有限会社パスワールド 使われている場所

04どんなところに使われているの?

人の暮らしの中で使用され、人間と交流し、サポートする「ソーシャルロボット」もフランス企業と共同で開発・展開しています。

ものづくりを支える仕事

有限会社パスワールド ものづくりを支える仕事

技術サポート活動

技術支援のために御要望に応じて
新技術を紹介するセミナーを開催して、他社の製品開発に貢献しています。

有限会社パスワールド ものづくりを支える仕事

販路開拓活動

販路開拓のため各種展示会に自社製品や技術サポート製品を出展しています。

有限会社パスワールド ものづくりを支える仕事

宣伝活動

自社HPを日本語、英語、フランス語の3ヶ国語表示とし、国内のみならず海外へも自社の情報を発信しています。

会社概要

事業内容 :組込ハードウェア・ソフトウェアの製品開発ならびに関連するコンサルティングサービスの提供
設立 :2003年10月7日
代表者 :代表取締役  ゴゲ パスカル
所在地 :〒602-8061 京都府京都市上京区油小路中立売下る甲斐守町97番地西陣IT路地7号
電話番号 :075-468-9769
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ