京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年7月28日

有限会社フジタ電業

有限会社フジタ電業

地域:京田辺市 / 山城
業種:28:電子部品・デバイス・電子回路製造業
50音:ハ行

どんなところに使われているの?

家電
工作機、組立機
検査機器
自動車関連
食品

我社の仕事

当社は昭和57年に、電機・電子部品、電機・電子機器の販売業務で始まった会社です。
現在は産業機器向けのハーネス加工をメインに製作を行っています。

有限会社フジタ電業 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、工作機械向けのハーネスです。ハーネスは22〜70SQの太い線の加工をしています。太い線のため細い線と比較すると、作業の難易度が上がりますが、お客様の厳しい制度要求に対しても、当社の技術力でカバーしています。

有限会社フジタ電業 技術者の思い

技術者の思い

多品種少量の太い線(max325SQ)の加工がメインとなります。多品種少量であるのと加工が太い線となるので、ハーネスに取り付ける圧着端子も1本、1本カシメていきます。多品種少量の太い線を、精度よく、また品質を損なうことなくスピード感を持って仕上げています。写真は太い線用の油圧の圧着端子の足踏み式カシメ治具です。

製造プロセス

有限会社フジタ電業 製造プロセス1

01ハーネスカット

既定の寸法にハーネスをカットします。

次の工程
有限会社フジタ電業 製造プロセス2

02圧着端子取付

ハーネスの被覆をムキ、電線に圧着端子をカシメます。

次の工程
有限会社フジタ電業 製造プロセス3

03ハーネスまとめ

圧着端子を取り付けた複数のハーネスをまとめます。

次の工程
有限会社フジタ電業 製造プロセス4

04フレキ挿入

まとめたハーネスをフレキに挿入します。

次の工程
有限会社フジタ電業 製造プロセス5

05梱包

ハーネスを定められた出荷形態に梱包します。

有限会社フジタ電業 使われている場所

06どんなところに使われているの?

当社が加工したハーネスは、産業機器の生産設備や加工設備などにしようされています。そして、それらは自動車や家電などの様々な製品を作り出しています。

ものづくりを支える仕事

有限会社フジタ電業 ものづくりを支える仕事

ハーネス加工エリア①

主にハーネスを加工するエリアです。太い線であるのとハーネスも長い線がほとんどのため広い作業スペースが必要となります。

有限会社フジタ電業 ものづくりを支える仕事

ハーネス加工エリア②

主にハーネスや、フレキなどの部品の保管とともに、ハーネス加工などを行います。

有限会社フジタ電業 ものづくりを支える仕事

事務所

営業、経理等、会社運営業務全般を行います。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

ハーネス | 圧着端子 | カシメ | フレキ

会社概要

事業内容 :・各種 電気・電子部品、機器、専用工具の販売 ・各種 ハーネス加工・製作等
設立 :昭和57年10月(創業)
代表者 :代表取締役 藤田 昌也
所在地 :〒610-0326 京都府京田辺市天王上白光田45-1
電話番号 :0774-65-0056
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ