京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年10月31日

有限会社中央工機

有限会社中央工機

地域:南区
業種:24:金属製品製造業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
携帯機器関連
検査機器
環境・エコ
自動車関連
衣料
食品

我社の仕事

一言でいうと、設備装置を作っています。
設備装置? 設備装置とは工場の中で動く機械で、私たちの身の周りのものを生み出しています。
食料品や家電製品、車、衣食住に関わるものを作り出す機械です。

有限会社中央工機 自慢の逸品

自慢の逸品

この機械がコンビニ弁当のご飯を作っています。

有限会社中央工機 技術者の思い

技術者の思い

当社のスローガンである「Challenge to Dream」を意識し行動しています。
一人ひとりが社長である!という志を持ち、自分の仕事に誇りを持て!という思いを込めています。
社員全員が社会人として魅力ある人になることを目指しています。
当社は、最新技術の導入と信頼される管理体制、確かな製品づくりのためにノウハウを結集し、社会に貢献できる企業を目指しています。

製造プロセス

有限会社中央工機 製造プロセス1

01設計

まずは、図を描きます。
設計という仕事です。
完成形を考え、1つ1つ創造を膨らませます。

次の工程
有限会社中央工機 製造プロセス2

02加工

次に、部品を作ります。
加工という仕事です。
描かれた図を基に金属部品を創ります。

次の工程
有限会社中央工機 製造プロセス3

03機械組立て

最後に、機械組立という仕事です。
1つ1つの金属部品を組合せて、1つの機械を創ります。

次の工程
有限会社中央工機 製造プロセス4

04完成

出来上がった機械が設備機械と呼ばれ、工場内で活躍します。これから家電(テレビ)をドンドン生産していきます。

有限会社中央工機 使われている場所

05どんなところに使われているの?

家電(テレビ)などの生産ラインに使われています。

ものづくりを支える仕事

有限会社中央工機 ものづくりを支える仕事

設計部

CADを使用し、お客様が想像するイメージを絵(図面)に表現します。

有限会社中央工機 ものづくりを支える仕事

製造加工部

マシニングセンターやNC旋盤を使用し、設備機械の部品を製作します。

有限会社中央工機 ものづくりを支える仕事

製造組立部

手掛けた機械が動き出すことを楽しみに、ものづくりの楽しさを感じながら、機械を製作します。

有限会社中央工機 ものづくりを支える仕事

品質管理部

三次元測定機や各測定器を使用し、社会に貢献できるものづくりを目標に、製品の品質を保証します。

会社概要

事業内容 :業務用機械器具製造業
設立 :2005年10月01日
代表者 :代表取締役社長 椹木 昇(サワラギ ノボル)
所在地 :〒601-8205 京都府京都市南区久世殿城町93-1
電話番号 :075-932-3511
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ