京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年12月5日

有限会社八川製作所

有限会社八川製作所

地域:伏見区
業種:24:金属製品製造業
50音:ハ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
携帯機器関連
検査機器
自動車関連

我社の仕事

当社は、ステンレスを中心とした「難削材のフライス加工」を得意としています。少数精鋭のキメ細やかなサービスで製品づくりを行っています。

有限会社八川製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

SUS316Lという難削材で作った「コマ」のサンプルです。従来このような丸物加工は「旋盤加工」で行いますが、弊社ではそれをフライス加工で作る事により技術力をご覧いただけるモノに仕上げました。

有限会社八川製作所 技術者の思い

技術者の思い

少人数の会社ですが、「だからできる事」を大切にしております。お客様への迅速で丁寧な対応、そして品質の高いモノづくりはもとより、我が社に求められている事は何か?なぜご用命頂けるのか?常に真摯に耳を傾け、社会に貢献できる製品づくりのサポートをさせて頂けるよう日々の業務を行っております。

製造プロセス

有限会社八川製作所 製造プロセス1

01材料購入

図面に記載されている寸法・材質の材料を加工工程を検討の上で購入します。

次の工程
有限会社八川製作所 製造プロセス2

02一次加工

入手した材料を、まず切削加工で外形を形成します。

次の工程
有限会社八川製作所 製造プロセス3

03プログラミング

実際に穴を空けたり、細かい切削工程を行うためのプログラミングをする。

次の工程
有限会社八川製作所 製造プロセス4

04二次加工

実際に制御装置の付いた工作機械で切削や穴あけなどの加工を行います。

次の工程
有限会社八川製作所 製造プロセス5

05洗浄・検査・梱包

加工後、油などの汚れを取るために脱脂洗浄をして最終検査を行った後、梱包出荷を行います。
梱包後、配送もしくは発送で納品をします。

有限会社八川製作所 使われている場所

06どんなところに使われているの?

当社の商品は、車、家電、PCなど様々な産業機械の生産設備や部品として使用されています。

ものづくりを支える仕事

有限会社八川製作所 ものづくりを支える仕事

受注部門

お客様のご要望に迅速に対応し、ご提案も交えながらQCDにお応えしております。

有限会社八川製作所 ものづくりを支える仕事

製造部門

製造現場は清潔で明るく業務が行えるよう、2011年に新工場を建設いたしました。安全第一に3S活動を定期的に行っております。

有限会社八川製作所 ものづくりを支える仕事

休憩・ミーティング

忙しい業務の中で、少しでも優しい雰囲気で休憩やミーティングができるような環境にしております。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

フライス加工 | 旋盤加工 | 切削加工 | QCD | 3S

会社概要

事業内容 :ステンレスなどの切削加工
設立 :2001年4月
代表者 :代表取締役 八川 晃大
所在地 :〒612-8491 京都市伏見区久我石原町3番地137
電話番号 :075-922-1456
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ