京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年8月8日

有限会社山田工業

有限会社山田工業

地域:南区
業種:24:金属製品製造業
50音:ヤ行

どんなところに使われているの?

家電
工作機、組立機
建築
自動車関連

我社の仕事

当社は鉄とステンレスを図面通りに「切り」お客様の要求通りに「曲げ」、厚物から薄物まで、基準以上の溶接で「接合」する、製缶板金溶接加工会社です
当社の製品は、工作機械、自動車関連設備の架台、街灯のソーラー機器の枠などを製作しております。

有限会社山田工業 自慢の逸品

自慢の逸品

ベース部材厚み50㎜ 部材の溶接。 弊社の強みは厚物の溶接です。 一般的に溶接は薄物の方が接合も容易でアーク溶接面も整いやすいのですが、厚物の接合の要求強度を実現するには、溶剤を均等に断面へ 流し入れ、表面は均一に整えなければいけません。

有限会社山田工業 技術者の思い

技術者の思い

当たり前のことを当たり前に造ることを、モットーに日々、ものづくりに励んでおります。納期厳守、要求精度の実現、価格対応、QCDを満足する仕事を常に行うことを心掛けております。鉄、ステンレスの溶接時に発生する、歪は、要求精度実現の大きな妨げとなります。この歪をなくして高精度の商品を実現するため、日々努力をしております。

製造プロセス

有限会社山田工業 製造プロセス1

01切断加工

弊社ではバンドソーマシンを仕様し大型部材・丸材・角材でも優れた面精度を出し切断加工の技術とスピードでお客様のニーズに応えます。切断において長年蓄積された経験と技術により、ご要望の材質・形状・寸法・切断量に応じ適合の切断で応えております。

次の工程
有限会社山田工業 製造プロセス2

02曲げ加工

プレス能力100ton テーブル長2500㎜、材料厚み最大12㎜まで曲げが可能です。鈍角・鋭角・R曲げなど、あらゆる困難な曲げ加工でも豊富なノウハウをもってチャレンジし、曲げ加工のみの受注も承っております。

次の工程
有限会社山田工業 製造プロセス3

03溶接加工

弊社の強みは 鉄・ステンレス・アルミ溶接の技術です。
なかでも鉄・ステンレスの厚物溶接では接合部の要求強度を確保し、歪みを取る技術に定評をいただいております。

次の工程
有限会社山田工業 製造プロセス4

04検品

納品前にもう一度、寸法や外観について徹底した検査を行います。
写真はネジゲージによる、ネジ部の検査です。

有限会社山田工業 使われている場所

05どんなところに使われているの?

街灯のソーラーパネルの枠などを製作しております。

ものづくりを支える仕事

有限会社山田工業 ものづくりを支える仕事

プレスブレーキ

AMADA製 RG-100S
プレス能力 100ton
テーブル長さ 2500mm
板金を曲げる機械です。

有限会社山田工業 ものづくりを支える仕事

シャーリング

AMADA製 M-2560
幅2500mm 加工板厚 Max6mm
板金を切断する機械です。

有限会社山田工業 ものづくりを支える仕事

帯のこ盤

AMADA製 HFA300
切断能力 丸材Φ300mm 
       角材 300 × 300mm
鋼材を切断する機械です。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

アーク溶接 | バンドソーマシン | QCD | ブレーキプレス | シャーリング加工

会社概要

事業内容 :溶接加工を中心とする板金、製缶業
設立 :1976年6月
代表者 :代表取締役 山田 昌司
所在地 :〒601-8146 京都市南区上鳥羽奈須野町20-2
電話番号 :075-681-4858
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ