京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年2月24日

有限会社新染三品

有限会社新染三品

地域:上京区
業種:11:繊維工業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

日用雑貨
衣料

我社の仕事

有名ブランドの洋服や下着、ブライダルドレスのレースを染めています。
みなさんが着ている服にも新染三品が染めたレースが多数使われています。

有限会社新染三品 自慢の逸品

自慢の逸品

当社の技術力が評価され、有名ブランドのレースなどの染色を行っています。写真は、その中でも、染色が難しい生地に対して染色を行ったものです。

有限会社新染三品 技術者の思い

技術者の思い

染色は、どのような素材に対しても安定した染色が必要であるとともに、色の再現性も非常に重要です。染色の調合などに関しても、素材の状態に応じて微妙に変える必要があり、細かい配慮が必要です。このような細かい配慮や染色技術により、品質の高い染色ができていると評価を得られています。写真は、ポリエステルなど通常の染色機では、染色できない素材を染色させるための窯です。窯の内部に圧力をかけて、内部温度を100度以上に上昇、恒温、下降させて染色を行います。

製造プロセス

有限会社新染三品 製造プロセス1

01色彩測色

染色する色をパソコンに取り込みます。見本の色から最適な染料の近似値を出します。

次の工程
有限会社新染三品 製造プロセス2

02染色試験

レースを試験的に染める機械です。上記写真のパソコンで色を出すのに最適な染料の量を計算した後、調合用の機械で染料を調合し、専用の機械で試験用のレースを染めていきます。

次の工程
有限会社新染三品 製造プロセス3

03染料調合

染料、薬品、水などを素材に適した分量で調合します。

次の工程
有限会社新染三品 製造プロセス4

04染色

レースに染色する機械です。
ドラムのように回しながら染めます。

次の工程
有限会社新染三品 製造プロセス5

05乾燥

染色したレースを乾燥室へ入れます。
染色の最終チェックもします。

有限会社新染三品 使われている場所

06どんなところに使われているの?

染色されたレースなどは、国内外の有名ブランドで広く使用されています。画像は、実際に工場で染めたレースで、各ブランドのワンピースやブライダルドレスなどに使用されています。

ものづくりを支える仕事

有限会社新染三品 ものづくりを支える仕事

工場①

工場です。ここで様々な色に染めていきます。

有限会社新染三品 ものづくりを支える仕事

工場②

違う角度からの工場内の状況です。

有限会社新染三品 ものづくりを支える仕事

染色機①

染色機です。この機械でレースなどの染色を行います。

有限会社新染三品 ものづくりを支える仕事

染色機②

染色機です。この染色機は①より幅広のレースなどの染色を行います。

有限会社新染三品 ものづくりを支える仕事

染色前品倉庫

染色前のレースです。客先から受け取ったレースなどを染色機にかけやすいようにセットし保管します。

有限会社新染三品 ものづくりを支える仕事

染料調合室

染料を調合する場所です。
ここから幾万の色が生まれます。

会社概要

事業内容 :服などの染色業
設立 :1985年8月
代表者 :代表取締役 三品 美喜男
所在地 :〒602-8368 京都府京都市上京区御前通西裏上の下立売上る北町570番地
電話番号 :075-463-7226
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ