京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年12月15日

有限会社荒木製作所

有限会社荒木製作所

地域:南区
業種:26:生産用機械器具製造業
50音:ア行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
携帯機器関連
検査機器
自動車関連

我社の仕事

当社は、金属プレス加工をメインに行っている会社です。
プレス金型やプレス加工の試作品製作から量産品製作などを行っています。
用途としては、コネクタの端子や電極などに使用されています。

有限会社荒木製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

当社は、精密な薄板金属のプレス加工を得意としています。最短では、受注から2日で金型から商品までを完成させます。写真はプレス金型です。

有限会社荒木製作所 技術者の思い

技術者の思い

厳しい公差、納期、小ロットからの注文にも柔軟に対応しています。そして短納期対応で、お客様の要望にお応えしています。

製造プロセス

有限会社荒木製作所 製造プロセス1

01設計

注文を受けた商品の金型を設計します。プレス材の材質やプレス機械を考慮しながら設計を行います。

次の工程
有限会社荒木製作所 製造プロセス2

02金型部品加工

いくつもの金型部品を放電加工や切削加工などを行いながら部品加工していきます。

次の工程
有限会社荒木製作所 製造プロセス3

03金型組立

加工された部品の組立を行い金型を完成させます。

次の工程
有限会社荒木製作所 製造プロセス4

04プレス加工

金型をプレス機にセットし、プレス加工を行い、商品として仕上げます。

有限会社荒木製作所 使われている場所

05どんなところに使われているの?

プレスした部品がコネクタとなり、このコネクタは電子部品として、様々な用途に使用されます。身近な例としては、車載用のコネクタとして使用されています。

ものづくりを支える仕事

有限会社荒木製作所 ものづくりを支える仕事

試作エリア①

2Fが受注した部品を試作するエリアです。他に放電加工エリア、設計エリアなどがあります。

有限会社荒木製作所 ものづくりを支える仕事

試作エリア②

試作のプレスエリアです。

有限会社荒木製作所 ものづくりを支える仕事

量産エリア

1Fが量産エリアです。注文いただいた部品をプレス加工を行い、商品として仕上げていきます。

会社概要

事業内容 :プレス金型・加工・各種試作
設立 :1997年11月
代表者 :代表取締役 荒木良雅
所在地 :〒601-8037 京都市南区東九条西河辺町45-5
電話番号 :075-672-1326
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ