京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年11月1日

松田金属工業株式会社

松田金属工業株式会社

地域:中京区
業種:24:金属製品製造業
50音:マ行

どんなところに使われているの?

インテリア
スポーツ関連
パソコン・通信
医療機器・健康機器
娯楽
家電
工作機、組立機
建築
携帯機器関連
日用雑貨
検査機器
環境・エコ
美容
自動車関連
薬品・健康・医療
衣料
食品

我社の仕事

当社は、1951年創業以来ボルト、ナットを主体とした鋲螺製品をさまざまな企業に提供してまいりました。豊富な経験と技術力に加え、最新の機械設備、コンピュータシステムの導入、より高度できめ細かな情報収集などに努めながら、新素材、新技術、また国際化への対応や地球環境の保護等、ハードソフト両面にわたり、積極的な経営を推進しています。私たちは従来の鋲螺製品を締結部品=ファスニングという視点で捕らえ、商品を通じてお客様との締結、地域社会との締結、世界との締結をいっそう深めていきたいと考えております。

松田金属工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

当社は、数十万点のネジを扱っていますが、様々な種類のネジがあります。写真の左側は、通常同心円状にネジが切られていますが、偏芯した状態にて、ネジが切ってあります。また右側の写真のように、ネジ以外の部品も商品化しています。

松田金属工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

わたしたちは「卸売業」というくくりですが、物を右から左に動かすという普通の卸売業とは違います。お客様から「こんな品物を作ってほしいのだが」と図面やサンプル品を提示され、わたしたちはそれを読み解き、みんなの協力によって製品を作り上げます。それらのほとんどは完成品からみれば「部品」ですが、最終的には世界で使われる製品になります。
わたしたちはその誇りを持って日々邁進しています。
写真は、当社の自動倉庫です。数十万点の商品を預かっていますが、その商品在庫管理を自動倉庫でを行うことにより、的確な資材発注、商品在庫管理、受注管理などを行っています。

製造プロセス

松田金属工業株式会社 製造プロセス1

01打合せ

顧客との打合せを行い、商品をイメージしながら様々な要望を確認します。

次の工程
松田金属工業株式会社 製造プロセス2

02設計

仕様を満足するように、また、目的に対応するように設計を行います。

次の工程
松田金属工業株式会社 製造プロセス3

03社内加工

大部分は、協力工場様にて製造してもらいますが、納入した部品をさらなる加工を行います。

次の工程
松田金属工業株式会社 製造プロセス4

04検査

仕様通りか、最終検査を行います。デジタルノギスで測定結果をそのままPCに取り込み管理します。

松田金属工業株式会社 使われている場所

05どんなところに使われているの?

皆さんも知ってられると思いますが、ネジはいろいろな所で使用されています。あまりにも当たり前に使用されているので利便性を感じないかもしれませんが、このネジがないと製品ができない状態になります。

ものづくりを支える仕事

松田金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

仕入部門

この部門は、業務範囲が広く設計、社内加工、見積もり、品質管理などの業務を行います。

松田金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

営業部門

顧客毎の要望を満足できるよう、日々連絡を取り合い、営業活動を行っています。

松田金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

商品加工エリア

顧客の要求にこたえるために、仕入れた商品をさらに、加工を行います。

松田金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

検査エリア

出荷前の商品の検査を行うエリアです。

松田金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

倉庫

大部分は自動倉庫で管理していますが、棚番設定して管理している商品もあります。

松田金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

福利厚生

建屋の3Fは食堂で、ゆっくりとくつろげる雰囲気で食事ができます。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

鋲螺 | ファスニング

会社概要

事業内容 :ボルト、ナットを主体とした鋲螺製品の販売
設立 :1958年1月
代表者 :代表取締役 松田 良信
所在地 :〒604-8832 京都市中京区壬生下溝町35
電話番号 :075-311-6311
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ