京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年6月20日

枕の吉川ふとん

枕の吉川ふとん

地域:山城 / 木津川市
業種:11:繊維工業
50音:マ行

どんなところに使われているの?

その他
日用雑貨
環境・エコ
衣料

我社の仕事

嘉永元年創業。木津川市にて寝具一筋を貫く、枕の吉川ふとん。地域に愛され続ける山城の名店。どんな方でも、人生の長くを過ごす「眠りの時間」。正しい姿勢で眠れる息夢枕(いきゆめまくら)を手作りしています。平成29年に首に負担が掛からないMサイズSサイズSSサイズの枕を作りました。ご来店いただけば、お試しいただくこともできますので、ぜひ職人の技を体感してください。また、弊社は経営革新計画京都府知事承認企業となっています。これからも心地よい眠りをお届けできるように努めてまいります。

枕の吉川ふとん 自慢の逸品

自慢の逸品

「息夢枕」は、創業150年、これまでのふとん製造の技術・ノウハウを活かし、睡眠に関する悩みにお応えするために、10年の歳月をかけお客様の声を結集しやっと完成した枕です。眠る時に一番重要なのは、正しい姿勢で眠ること。睡眠中は体にかかる重力と、長時間同じ姿勢でいることによる人体への負荷を考え、あおむけで寝ることが最も理想とされます。この枕で眠ると、首元を高くすることにより気道が確保されるため、ぐっすり安眠できます。最初は「硬くて寝にくい」と感じる方もいらっしゃいますが、使っているうちに正しい姿勢で眠れるようになり、質の良い睡眠に近づくことができます。肩こり、腰痛でお悩みの方、横向きでしか寝れない、目覚めが悪い、いびきが気になるなど、お困りの方に是非おためしいただきたい自慢の逸品です。

枕の吉川ふとん 技術者の思い

技術者の思い

平成14年以降は、意匠登録を行う独自性のある寝具の開発に力を注ぎ、お客様の声をいかした布団や枕の研究や試作を続けること10年、その結果、完成したものが現在の「息夢枕(いきゆめまくら)」なんです。150年以上をかけて積み重ねた経験と、400名以上のお客様にご使用いただき試行錯誤の改良を重ねた、吉川を代表する枕を造りました。

製造プロセス

枕の吉川ふとん 製造プロセス1

01原綿調達

枕に最適な原綿を厳選して調達

次の工程
枕の吉川ふとん 製造プロセス2

02素材選別・加工

仕入れた原綿を更に選別し、枕に使用するための加工を行っています。

次の工程
枕の吉川ふとん 製造プロセス3

03枕縫製

1点1点手作りです。仕立て直しも可能なエコ商品です

次の工程
枕の吉川ふとん 製造プロセス4

04枕仕上げ

綿入れして寝崩れが起きないように仕上げます。平成29年にMサイズSサイズSSサイズを作りました。

枕の吉川ふとん 使われている場所

05どんなところに使われているの?

一般家庭やホテル、旅館、介護施設等の寝室の枕として幅広く使用されています。

ものづくりを支える仕事

枕の吉川ふとん ものづくりを支える仕事

ネット販売

京都宇治土産.Com でネット販売しています。京都宇治の名産品ばかりをまとめて販売しています

枕の吉川ふとん ものづくりを支える仕事

お客様の声

ご使用いただいたお客様からは、感謝のお言葉を沢山いただいております。

枕の吉川ふとん ものづくりを支える仕事

「京の老舗表彰」

吉川は、昭和45年、創業100年以上で他の模範となる「京都の老舗表彰」を創設時に表彰していただきました

会社概要

事業内容 :息夢枕、枕、布団、その他 寝具各種製造販売
設立 :1624年(寛永元年)
代表者 :吉川 寬
所在地 :〒619-0204 京都府木津川市山城町上狛西作り道8-5
電話番号 :0774-86-2055
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ