京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年6月13日

林金属工業株式会社

林金属工業株式会社

地域:伏見区
業種:24:金属製品製造業
50音:ハ行

どんなところに使われているの?

工作機、組立機
日用雑貨
自動車関連

我社の仕事

当社は、大正13年5月京都市南区に於いて、鍍金加工を主体に創立しました。産業の発展にともなう受注の増大に対応するため昭和37年伏見工場を新設、設備の充実を計るとともに株式会社に組織変更を行い、平成元年8月伏見工場を全面的に新築し、事業内容も鍍金加工を廃止するとともに研磨加工及び機械加工、銅ファイバ加工などを行っています。

林金属工業株式会社 自慢の逸品

自慢の逸品

一品 一品を手加工で仕上げています。機械では難しい R部の加工など他社にできない手加工ならではの、丁寧な仕上げとなっています。写真は、左側が研磨前で右側が研磨後となります。

林金属工業株式会社 技術者の思い

技術者の思い

顧客から要求される商品を、ものづくり企業としていい商品を提供したい。そのために、世の中にないものでも作り出して、新商品を提供することを心がけています。より良い商品を提供するためのものづくりのための向上心をもって、治具の製作や、新規工法などを検討しています。写真は金属の研磨状態のサンプルです。要求に応じた研磨状態でしあげます。

製造プロセス

林金属工業株式会社 製造プロセス1

01板状部材研磨加工

板状部材の研磨を行います。手の感触、外観で仕上がり状況を確認します。

次の工程
林金属工業株式会社 製造プロセス2

02棒状部材研磨加工

棒状部材の研磨です。ローラに挟み込んで研磨を行います。ローラにて抑え込む力を微妙に加減しながら、研磨状態を調整します。

次の工程
林金属工業株式会社 製造プロセス3

03穴あけ、タップ加工

お客様の要求により、穴あけ、タップ加工などの追加工を行うこともあります。

林金属工業株式会社 使われている場所

04どんなところに使われているの?

六角レンチ、スパナなどの工具類の研磨加工をメインに行っています。他にも当社独自の商品も手掛けています。

ものづくりを支える仕事

林金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

研磨加工エリア

手作業で、部品の研磨を行います。部品の形状に応じて治具などを作成し丁寧に研磨します。

林金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

トヨロック加工

トヨロック加工とは金属のワイヤロープの締結加工です。ワイヤロープの切断、締結を行います。

林金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

ワイヤー測定切断機

金属のワイヤロープを既定の長さに切断する機械です。

林金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

SUS粉加工

この機械で、SUSをμオーダの粉に加工します。

林金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

工場棟

様々な加工をこの工場棟で行います。

林金属工業株式会社 ものづくりを支える仕事

事務棟

会社全般の経理、事務、営業業務を行います。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

| タッピング | めっき(鍍金) | パンチ加工

会社概要

事業内容 :各種研磨加工(ペーパー、バフ)、機械加工、銅ファイバー加工、 ワイヤー測定切断加工など
設立 :1962年
代表者 :代表取締役 林 博章
所在地 :〒612-8388 京都市伏見区北寝小屋町61
電話番号 :075-621-1022
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ