京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年3月29日

株式会社みつやま

株式会社みつやま

地域:北区
業種:11:繊維工業
50音:マ行

どんなところに使われているの?

衣料

我社の仕事

帯の仕立てをしています。
織りあがった生地を縫製して帯の形にする仕事です。
成人式、着物を制服とする職場など、様々な和の風景を隅っこで担っています。

株式会社みつやま 自慢の逸品

自慢の逸品

自分の若かりし日の帯を、子供の七五三用にリメイクした一例です。思い入れが違います。

株式会社みつやま 技術者の思い

技術者の思い

西陣に昔からある知識や技術が基本ですが、新しいニーズや商品の変化に合わせて新たな創意工夫が求められています。
帯の仕立てだけやっていれば良いというご時世ではなく、着物の着付け師をしていた者、アパレル会社にいた者、販売の最前線にいた者、
その他、それぞれの知識を集約して、お客様の満足に繋がる方法論の模索を続けています。

時々、TVや街で自分が仕立てた帯を着用している方を見ると、嬉しくなります。

製造プロセス

株式会社みつやま 製造プロセス1

01測定

色々な仕事がありますが、まずはお客様のオーダーに合わせたサイズに測定を行います。

次の工程
株式会社みつやま 製造プロセス2

02裁断

帯地や着物地などを材料として、測定したものに沿って生地を裁断していきます。

次の工程
株式会社みつやま 製造プロセス3

03裁縫

最終段階として、生地と生地を縫い合わせて丁寧に仕上げてます。

次の工程
株式会社みつやま 製造プロセス4

04商品完成図

最近は、和装に対する考え方も幅が出て、カジュアルで変わった帯から、アンティークな帯まで。色々な帯が仕立てにやってきます。

ものづくりを支える仕事

株式会社みつやま ものづくりを支える仕事

検品

プロ目線になりすぎず、お客様の気持ちになって検品をします。
また、この工程で、ふくよかなお客様には出来る限り長めに仕立てるなどの心遣いもインプットします。

株式会社みつやま ものづくりを支える仕事

育児と両立しやすい職場作り

勤務時間の融通と、急な欠勤に耐えうる仕組みがあります。
それで集まったスタッフの写真を載せたいところですが、皆、HPに顔出しは嫌だというので、上記のような写真になります。

株式会社みつやま ものづくりを支える仕事

帯芯の販売

帯芯とは、帯の仕立て時に必要となる、帯の中に入れる布生地です。
当社には、カラーの夏芯という珍しいものを作って置いてます。

会社概要

事業内容 :帯の縫製 撥水加工 帯芯販売
設立 :1977年
代表者 :代表取締役社長 卓 日英
所在地 :〒603-8301 京都府京都市北区紫野花ノ坊町48番地
電話番号 :075-462-7690
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ