京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年2月1日

株式会社カンブライト

株式会社カンブライト

地域:中京区
業種:09:食料品製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

食品

我社の仕事

缶詰など食品の商品開発を支援するコンサルティング会社です。店内に缶詰めの販売スペースと、その奥に小さな缶詰ラボがあり、地域の特産品開発、6次産業化の支援、ホテル・飲食店・企業のオリジナル商品開発など、日々様々な商品開発(試作や製造)を行っています。メディアの取材も多い注目の食品ベンチャー企業です。料理やものづくり、試行錯誤しながらの実験が好きな方はとてもやりがいのあるお仕事です。

株式会社カンブライト 自慢の逸品

自慢の逸品

2017/11/23に発売した、特許製法で旨みを残し濃厚な蒸し牡蠣をペースト状にした新食材「牡蠣みそ」。磯の風味と牡蠣の旨みが口いっぱいに広がる絶品缶詰。蟹みそのような味わいから牡蠣みそと名付けました。株式会社マルト水産と共同開発した商品です。

株式会社カンブライト 技術者の思い

技術者の思い

想いを込めたオリジナルの加工食品を作りたいと思っても、どこから手をつければいいか分からない。製造工場に相談してもロットが多すぎたり、制限が多すぎて作りたいものが作れないなど、オリジナルの加工食品を作るのはとてもハードルが高くなっています。私たちは加工食品の知識を丁寧にご説明し、20個の試作や、200個での商品化などにも対応しています。現在は、50~60事業者/年間の取引があり、200品程度の新商品の開発を行っています。美味しい缶詰を商品化するために、決めつけないで、あらゆる可能性を探り試作を行います。この試作は10数種類/日 行うこともあります。

製造プロセス

株式会社カンブライト 製造プロセス1

01調達

美味しい食材を求めて、現地に出向きます。

次の工程
株式会社カンブライト 製造プロセス2

02調理

調達した食材を調理します。

次の工程
株式会社カンブライト 製造プロセス3

03試作

どのように調理したら、美味しいかを探るために様々な方法で試作品を何種類も作ります。

次の工程
株式会社カンブライト 製造プロセス4

04試食

どの試作品が美味しいか、メンバーで試食を行います。

次の工程
株式会社カンブライト 製造プロセス5

05製品化

最もおいしくて、満足のいく試作品を製品化します。

株式会社カンブライト 使われている場所

06どんなところに使われているの?

食事を美味しくいただくために、保存期間をあまり気にせずに食することができる缶詰め、いろいろな種類がありますので、お好みに合わせてご賞味いただければと思います。

ものづくりを支える仕事

株式会社カンブライト ものづくりを支える仕事

店舗

様々な缶詰を取り揃えています。

株式会社カンブライト ものづくりを支える仕事

調理風景

どのような調理をしたら、美味しいものができるか日々可能性を追求しています。

株式会社カンブライト ものづくりを支える仕事

調理場

調理場です。ここで様々な種類の缶詰が生産されます。

株式会社カンブライト ものづくりを支える仕事

打合せエリア

打合せ、試食会などを行います。

株式会社カンブライト ものづくりを支える仕事

メディア掲載

各種メディアで紹介いただいています。写真は、産経新聞社が発行している、2018年1月4日発売の経済新聞「フジサンケイビジネスアイ」にインタビュー記事を掲載いただきました。

会社概要

事業内容 :食品開発コンサル事業(オリジナル商品の企画・開発・製造・販促)、「カンナチュール」の企画、開発、製造及び販売(店舗、EC、卸)、食品加工場の立ち上げ支援及び製造機器の選定 等
設立 :2015年9月2日
代表者 :代表取締役 井上 和馬
所在地 :〒604-8125 京都市中京区中魚屋町508 ロマーネ高倉1F
電話番号 :075-205-5056
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ