京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年8月14日

株式会社シバハラ

株式会社シバハラ

地域:伏見区
業種:13:家具・装備品製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

インテリア
娯楽
日用雑貨

我社の仕事

当社は別注椅子製作・椅子の張替え・キッズルームを主に製造している会社です。椅子のサイズやデザインは勿論、座り心地、硬さ、張地、全て顧客のお好みで職人が手作り致します。近年、ソファは誰でも手軽に買える物になったと同時に、昔のようなしっかりした作りのソファは少なくなっています。物であふれる時代だからこそ、当社は、10年、20年と使い続けることのできる物を一つ一つ、職人の手作りで作っております。

株式会社シバハラ 自慢の逸品

自慢の逸品

東京の某ホテルに納品した、とても目の引く商品です。全ての交わり部分をぴったりと合わせ、立体的に作った商品です。

株式会社シバハラ 技術者の思い

技術者の思い

オーナー様との打ち合わせ・現場採寸・デザイン、図面作成・木部から張りまでの商品製作・納品・設置、そして後のメンテナンスまで、一括してすべて、自社の職人の手で行っています。そのために、オリジナルのものばかりですので、変形のお部屋でも確実に対応でき、オーナー様の細かいご要望にもお答えすることが可能です。写真は、職人の命ともいえる工具です。たった十数個の工具で職人は形を生み出します。使い慣れた工具は、まるで自分の体の一部のようになっていきます。この工具で私たちは、椅子やキッズルームを作成します。

製造プロセス

株式会社シバハラ 製造プロセス1

01枠加工

商品の仕上がり寸法から、構造と強度を考えて原寸図を描き、木取り・木組みをします。

次の工程
株式会社シバハラ 製造プロセス2

02クッション・ウレタン加工

数十種類あるクッション材の中から、商品にあったウレタン材を選択し、カットします。そして、ボンドで接着し椅子の形を作ります。

次の工程
株式会社シバハラ 製造プロセス3

03裁断・縫製

椅子の表面となる生地の裁断・縫製を行います。

次の工程
株式会社シバハラ 製造プロセス4

04張り・仕上げ

スピーディかつ綺麗に仕上げていきます。見えないところの仕上げまで、針の間隔や幅など隅々に気を配ります。

次の工程
株式会社シバハラ 製造プロセス5

05納品・現場

営業だけでなく場合によっては職人も現場へ行き、自分たちで取り付け施工します。

株式会社シバハラ 使われている場所

06どんなところに使われているの?

日本全国のホテルや飲食店、病院、レジャー施設、一般家庭など椅子のある場所すべてがお客様となります。

ものづくりを支える仕事

株式会社シバハラ ものづくりを支える仕事

木工加工エリア

椅子の枠などを加工するエリアです。

株式会社シバハラ ものづくりを支える仕事

加工組立エリア

クッション加工・組立・張りなどを行うエリアです。

株式会社シバハラ ものづくりを支える仕事

裁断エリア

椅子の表面となる生地の裁断エリアです。隣が縫製エリアとなります。

株式会社シバハラ ものづくりを支える仕事

展示会

年に1度ほど東京ビッグサイトで行われる展示会に出展し、営業の幅を広げています。そのため、得意先は東京ばかりでなく東北九州も多いです。

株式会社シバハラ ものづくりを支える仕事

社員旅行

日々忙しい職場ですが、その頑張りが結果として出た際には社員旅行を企画します。20~40歳くらいの若い職人の会社です。

株式会社シバハラ ものづくりを支える仕事

ドウミョウドウ

オリジナルキッズ商品の企画・営業部署として別会社を立ち上げました。お客様の要求にさらなるアイデアを加え、世の中にない新しいものを作り出しています。

会社概要

事業内容 :応接セット製造、キッズルーム製造、別注家具、インテリア一式、業務用ソファ製造、椅子修理及び張替え
設立 :1975年9月
代表者 :代表取締役 柴原 道明
所在地 :〒612-8494 京都市伏見区久我東町4-7
電話番号 :075-933-6105
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ