京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年10月31日

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ

地域:南区
業種:32:その他の製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

検査機器
環境・エコ
自動車関連
薬品・健康・医療
食品

我社の仕事

弊社は、分析機器メーカーとして多彩な製品を世界へ送り出してきました企業から長い歴史と伝統に培われた機器への大きな信頼と評価を継承して2001年に資本も社名も新たに独立し、株式会社ジェイ・サイエンス・ラボとして出発致しました。
弊社は、ガスクロマトグラフと有機元素分析装置の専門メーカーでありますが、毎年いくつかの新技術で他社にない魅力ある新製品を創出しているユニークな会社で、分析機器のオンリーワン企業を目指しています。
『For the Customer 』を合言葉に、最新技術と経験豊富な応用技術を結集し、21世紀を迎え、多様化・高度化するニーズにお応え出来る様、科学技術を通じグループの総力を挙げて社会に貢献したいと考えています。

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ 自慢の逸品

自慢の逸品

気体試料導入装置(GED)と気体成分微粒子化装置(GPD)気体中に含まれる微粒子(例えばPM2.5など)をロスすることなく、他の気体中に移動させることの出来る世界初の装置。ICP-MS多元素分析装置等との組合せにより、従来、不可能だった気体試料中金属元素の超高感度分析が可能になり、大気中に浮遊するナノ粒子の元素組成をリアルタイムでモニタリングすることが出来、従来、数日~数週間を要していた大気中金属元素の測定を数時間程度で行えます。また、数秒~数分間隔という高い時間分解能でデータを取得することが出来、発生源の特定に役立ちます。別に開発した気体成分微粒子化装置との組合せにより気体状金属成分の測定にも利用でき、半導体ガスAsH3等の超高感度モニタリングが可能になりました。

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ 技術者の思い

技術者の思い

分析機器は、基本となる分析化学、電気・電子、機械工学、及びソフトウエアなど全ての技術を集積し、装置化します。また出来た装置が多くの人が利用できるように用途開発も重要です。お客様から「こんなものを作って欲しい」という御要望を言って貰えれば、「測りたい成分は何ですか」「試料ガスの濃度範囲や圧力はどの程度ですか」など様々な情報を訊いて、この装置にこういう技術を組み合わせ、こういう機能を加えれば、「ご要望を満足できるのではないでしょうか」といった提案が出来ます。この点が弊社の得意としているところであり強みでもあると言えます。常に世の中に無いような新しい製品を創りたいと考え、現在は様々な新製品の開発に取り組んでいます。最近開発した装置ではTCD検出器の1000倍の超高感度ヘリウムプラズマイオン化検出器を搭載したGAS1000HPID等があります。

製造プロセス

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ 製造プロセス1

01仕様打合せ

技術者が顧客の要望を聞き取り、仕様打ち合わせを行ない構想設計を行い、仕様書・見積書を作成し提出後に受注します

次の工程
株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ 製造プロセス2

02詳細設計

仕様書を基に製作図面(機械・電気配線・ソフトウエア・部品表等)を作成し、部品等の手配をします

次の工程
株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ 製造プロセス3

03製造

部品が入荷すれば、組立・配線等を行います

次の工程
株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ 製造プロセス4

04調整

装置が組みあがれば調整を行います

次の工程
株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ 製造プロセス5

05試験

工場内で一定の感度・精度・安定性試験をし、特に顧客から要望された場合には、立会試験を行い性能を確認します。

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ 使われている場所

06どんなところに使われているの?

【大学・研究機関・民間研究所等】
顧客に装置を納入し、現地にて試験を行い、そして、十分に装置の使用説明を行います。

ものづくりを支える仕事

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ ものづくりを支える仕事

設計・試作

新型装置の試作を行っています

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ ものづくりを支える仕事

装置の研究・開発

新型装置等の研究・開発を行っています

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ ものづくりを支える仕事

ガスクロ室

ガスクロマトグラフの調整・試験中

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ ものづくりを支える仕事

元素分析室

有機元素分析装置の調整・試験において電子天秤でサンプルを計量中

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ ものづくりを支える仕事

総務・経理・業務部

総務・経理部は、入出金の管理と来社された方々の対応。業務部は、部品・装置等の受注・発注を行います。

株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ ものづくりを支える仕事

配送・部品サービス課

受注した装置・部品等の管理・梱包・配送を行います。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

AsH3 | ガスクロマトグラフ | 元素分析

会社概要

事業内容 :分析機器の開発、設計、製造、販売、アフターメンテナンス
設立 :2001年05月30日
代表者 :代表取締役  河合 龍三郎
所在地 :〒601-8144 京都府京都市南区上鳥羽火打形町3番地1 
電話番号 :075-693-9480
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ