京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年5月8日

株式会社プラズマイオンアシスト

株式会社プラズマイオンアシスト

地域:南区
業種:24:金属製品製造業
50音:ハ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
家電
工作機、組立機
建築
携帯機器関連
検査機器
環境・エコ
自動車関連

我社の仕事

プラズマイオン注入成膜法を駆使し、地球に優しいi-DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)を提供致します。従来のPVDと異なる革新的イオン注入・成膜技術を用いて、室温プロセスで金属を始めとするアルミ等の軽金属、樹脂、ゴムにも高密着にDLC膜を成膜出来る技術を提供すると同時にDLCに各種イオンを注入することで高機能化、長寿命化を付与します。お客様の基材の高機能化DLCの加工サービス、装置開発による装置提供を行います。

株式会社プラズマイオンアシスト 自慢の逸品

自慢の逸品

<PIAD技術>
ICPプラズマ源(誘導結合プラズマ源)を利用して高速成膜が可能です(特許取得済)。このことによりロールtoロールなど単価の厳しい製品にも対応することが可能となりました。

株式会社プラズマイオンアシスト 技術者の思い

技術者の思い

<i-DLCコーティング>
他社にて断られた基材へのDLCや機能性DLCをお客様と共に開発していきます。お気軽にご相談ください。
例えば、アルミ・ガラス・セラミック・ゴム・樹脂への処理。導電性DLC。ロールtoロールでの成膜など。

製造プロセス

株式会社プラズマイオンアシスト 製造プロセス1

01打合せ

コーティング対象製品のご要望仕様の確認とDLCのご説明。

次の工程
株式会社プラズマイオンアシスト 製造プロセス2

02研究・開発

お客様のオリジナル膜を研究・開発いたします。ご要望に対して、イオン注入等の条件を研究開発します。

次の工程
株式会社プラズマイオンアシスト 製造プロセス3

03量産化

量産時は、仕様により受託加工、又は装置販売となります。

株式会社プラズマイオンアシスト 使われている場所

04どんなところに使われているの?

自動車部品や家電製品部品等、様々な製造ラインで、治具の長寿命化に使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社プラズマイオンアシスト ものづくりを支える仕事

i-DLCによる新需要開拓

当社技術により、ダイヤモンドライクカーボンの絶縁性が導電性に変化し、燃料電池のセパレータ用として使用できます。新しい可能性を発掘しています。

株式会社プラズマイオンアシスト ものづくりを支える仕事

フッ素DLC(ガスバリア・耐食性)

フッ素DLCはガスバリアに優れた特性を示します。
*ゴム、樹脂のガスバリア性向上
*抗菌性に優れたDLC
*耐食性

株式会社プラズマイオンアシスト ものづくりを支える仕事

代理店

国内で14社と代理店契約し、次世代のものづくり革新を加速しています。

株式会社プラズマイオンアシスト ものづくりを支える仕事

品質確認

電子顕微鏡、硬度計等でコーティング結果を確認。

株式会社プラズマイオンアシスト ものづくりを支える仕事

展示会

定期的に各展示会に出展。
毎回、樹脂、ゴムのコーティング技術や新しい技術で注目されています。

株式会社プラズマイオンアシスト ものづくりを支える仕事

目利き委員会でAランク認定

革新的イオン注入・成膜技術を用いて、金属を始めとするアルミ等の軽金属、樹脂、ゴムにも高密着にDLC膜を成膜出来る技術提供とDLCに各種イオンを注入することで高機能化、長寿命化が実現。

会社概要

事業内容 :プラズマ・量子ビーム技術を利用したコーティング事業全般、装置の研究開発、製造及び販売、コンサルティング事業
設立 :2002年8月
代表者 :代表取締役  鈴木泰雄
所在地 :〒601-8142 京都市南区上鳥羽中河原34-1
電話番号 :075-693-8125
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ