京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年5月24日

株式会社モリシタ

株式会社モリシタ

地域:山城 / 相楽郡
業種:18:プラスチック製品製造業
50音:マ行

どんなところに使われているの?

その他
パソコン・通信
携帯機器関連
日用雑貨
自動車関連
薬品・健康・医療

我社の仕事

当社は1954年創業以来、半世紀にわたり手帳・ノートカバー、バインダー、高機能性ファイル、マグネット製品なさまざまな商品を半世紀に渡り安定した品質を提供しています。そしてニーズにあったオリジナル商品を日々、開発しています。

株式会社モリシタ 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、手帳・ノートカバーです。長年培った加工技術の積み重ねで、安定した品質にて提供しています。用途に合わせて、手帳・A4・B5等定番のサイズから単行本・文庫本・オリジナル等 8,000を超える型を保有しております。

株式会社モリシタ 技術者の思い

技術者の思い

【高周波加工品】
高周波ウェルダーは、塩化ビニールに最も適した加工方法です。我々の身の回りの生活グッズから暮らしを豊かにしてくれる製品づくりをサポートしてくれる便利な設備・技術です。写真は、その技術を用いて商品化した、名前をつけるタグの機能が主だったコードタグから、さらにコードを巻く機能を追加したのがこのケーブルホルダーです。

製造プロセス

株式会社モリシタ 製造プロセス1

01原反

加工材料となる原反です。商品に応じて様々な種類の原反を使用します。巻物状の原反のほかにシート状の材料を用いることもあります

次の工程
株式会社モリシタ 製造プロセス2

02裁断

材料を既定の寸法に裁断します。

次の工程
株式会社モリシタ 製造プロセス3

03高周波溶着

裁断された加工品を高周波溶着により、1~5枚(複数枚)溶着して加工します。

株式会社モリシタ 使われている場所

04どんなところに使われているの?

写真は、高周波ウエルダーで加工した手帳カバーです。この多数の設備を用いてノートカバー、バインダーj、マグネット製品など様々な商品を提供しています。

ものづくりを支える仕事

株式会社モリシタ ものづくりを支える仕事

本社

大阪に本社があります。

株式会社モリシタ ものづくりを支える仕事

東京営業所

営業所が東京にもあります。

株式会社モリシタ ものづくりを支える仕事

事務部門

精華工場の管理事務部門です。受発注管理・入出荷などの業務行っています。

株式会社モリシタ ものづくりを支える仕事

材料倉庫

原反などの材料を置いています。写真はシートj状の材料です。

株式会社モリシタ ものづくりを支える仕事

研修室

社内研修、地域の企業見学などを行います。

株式会社モリシタ ものづくりを支える仕事

商品展示

身近なさまざまなものを商品化しています。写真はクリアファイルです。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

ウエルダー

会社概要

事業内容 :手帳・ノート表紙各種・IDメンバーズカード・マウスパッド・下敷き・ラミネート製品各種・バインダー・ファイル各種・証書・アルバム各種・パッケージ製品・クリアファイル・携帯クリーナー・マグネット製品など
設立 :1971年12月
代表者 :代表取締役 森下 祐介
所在地 :〒619-0241 京都府相楽郡精華町大字祝園小字正田1-2 京都精華工場
電話番号 :0774-95-3661
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ