京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年6月7日

株式会社協和製作所

株式会社協和製作所

地域:上京区
業種:24:金属製品製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
検査機器
環境・エコ
自動車関連

我社の仕事

弊社は精密金属切削加工を行う会社です。協和製作所が切削部品をつくり始めて40年、1ミリにも満たないものから、数10センチのものまで、極小部品でありながら、超精密を要求される加工は最も得意とするところです。常に心がけているのは、お客さまのご要望に添った部品生産。そうした姿勢が評価され、最近では制御機器部品に加えて、自動車、オーディオ、医療、事務機器といった分野まで、当社がつくりあげた切削部品の用途が広がっています。

株式会社協和製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

かつては難削材といわれたステンレスのように、常に時代に先駆けた新素材にチャレンジ。創業時より、マイクロスイッチ、リミットスイッチ、光電子リレーなどに使われる制御機器部品は、当社生産品目の中心です。安定した高品質を維持し、多品種、小ロット生産、新素材などの加工に対応するため、日々チャレンジ精神を持って努力して参ります。

株式会社協和製作所 技術者の思い

技術者の思い

生産企業である弊社の基幹は”品質”です。生み出す製品の品質を第一に考えることこそ企業生命です。常に精密加工のトップを目指し、品質(Q)・価格(C)・納期(D)の技術向上を図ります。

製造プロセス

株式会社協和製作所 製造プロセス1

01NC自動旋盤

弊社の製品の殆どが、NC自動旋盤という切削の機械で作られます。

次の工程
株式会社協和製作所 製造プロセス2

02NC自動旋盤の詳細

写真はNC自動旋盤の部品加工しているものです。
金属材料をセットし加工プログラムを入力することにより金属切削を行います。また刃物を変えることにより、色々な切削加工をすることができます。

次の工程
株式会社協和製作所 製造プロセス3

03完成品

NC自動旋盤で作られた、弊社の部品です。

株式会社協和製作所 使われている場所

04どんなところに使われているの?

弊社の部品は、エレベータの内部で活躍しています。

ものづくりを支える仕事

株式会社協和製作所 ものづくりを支える仕事

製造

NC自動旋盤で加工している部門です。ミクロンの精度を実現する為、日々努力をしております。

株式会社協和製作所 ものづくりを支える仕事

組立

お客様のご要求により、組立作業も行っております。

株式会社協和製作所 ものづくりを支える仕事

検査

組立てられた製品をお客様の要求品質に基づき、検査して出荷します。
不良”0”を目指して、日々努力しております。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

NC旋盤

会社概要

事業内容 :金属製品製造業
設立 :1961年1月
代表者 :【代表取締役社長】 山口盛夫(ヤマグチ モリオ)
所在地 :〒602-8357 京都市上京区仁和寺街道御前東入ル鳳瑞町221
電話番号 :075-462-0863
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ