京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年2月27日

株式会社幸福堂

株式会社幸福堂

地域:下京区
業種:09:食料品製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

食品

我社の仕事

ごじょうぎぼし最中本舗幸福堂は、明治元年、京都に創業した京菓子の老舗です。定番の五条ぎぼし最中や手打ちよもぎをはじめ、季節限定の和菓子やお祝い菓子など、各種取り揃え、幸オーダーメイド和菓子や出張和菓子(和菓子作りの機械レンタルや体験教室)を通して、京和菓子・京菓子の魅力を広く伝えております。
幸福堂錦店、西国街道幸福堂と店舗を構え、近年はオンライン販売も開始しました。

株式会社幸福堂 自慢の逸品

自慢の逸品

京都平安神宮などに御献上菓子として奉納している当店の代表銘菓「五条ぎぼし最中」が、第21回全国菓子博覧会 内閣総理大臣賞を受賞しました。
五条橋は牛若丸と弁慶のお話で良く知られており、その橋にぎぼしが飾られています。
ぎぼしは「玉葱の花」を象徴化したもので、東洋諸国で建築物の宝飾や魔除けとして広く用いられるようになったと伝えられています。

株式会社幸福堂 技術者の思い

技術者の思い

幸福堂の京菓子は厳選した素材から生まれています。一般的な小豆に比べ、生産量が少なく希少な"丹波大納言小豆"。幸福堂では、卸問屋さんに年間使用量を確保してもらい、 常に最高の状態の大納言小豆を仕入れ、この最高級の小豆を熟練の職人が製餡。
創業以来変わらぬ手法を用い、小豆の粒を上品でふっくらと仕上がるように心をこめて作ることで、昔から変わらぬ味をお届けいたします。

製造プロセス

株式会社幸福堂 製造プロセス1

01製餡

小豆を選別し、灰汁抜きのため小豆を水焚きし、沸騰すれば煮汁を捨て水を入れ替え3回ほど灰汁抜きを繰り返します。
灰汁抜きが終えると、砂糖を加えながら小豆を柔らかくなるまで焚いて完成。一晩冷まして使用します。

次の工程
株式会社幸福堂 製造プロセス2

02生地仕込み

一晩、餅米を水漬けしセイロで蒸します。蒸し上がり後、餅搗き機で生地を仕込みます。

次の工程
株式会社幸福堂 製造プロセス3

03包餡

あんこを生地で手早く包みます。

次の工程
株式会社幸福堂 製造プロセス4

04完成

季節により餡と一緒に栗、さつま芋、苺などを入れて完成。

株式会社幸福堂 使われている場所

05どんなところに使われているの?

定番の和菓子、伝統の和菓子、季節限定の和菓子などいろいろな場面でおいしくいただける和菓子をご賞味ください。

ものづくりを支える仕事

株式会社幸福堂 ものづくりを支える仕事

錦店

中京区錦通麩屋町の姉妹店です。

株式会社幸福堂 ものづくりを支える仕事

西国街道幸福堂

向日市の姉妹店です。

株式会社幸福堂 ものづくりを支える仕事

オーダーメイド和菓子

結婚式やバレンタイン、誕生日、クリスマスなどの大切な記念日のために、お客様だけのオリジナル和菓子をオーダーメイドでお作りしています。写真は結婚記念日のために製作しました。

会社概要

事業内容 :和菓子の製造および販売
設立 :1952年12月
代表者 :代表取締役社長 北川 善英
所在地 :〒600-8026  京都府京都市下京区松原通河原町西入松川町388-2
電話番号 :075-341-8850
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ