京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年9月3日

株式会社曽束鈑金製作所

株式会社曽束鈑金製作所

地域:久世郡 / 山城
業種:24:金属製品製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

自動車関連

我社の仕事

弊社は、鉄製品・ステンレス製品・アルミ製品の製造会社で、主にトラックパーツを製造しています。図面が無くてもお客様のご要望をお聞きし、ご満足いただけるように小回りを利かせることを強みにしております。またトラックパーツ以外も積極的に製造し、事業展開を図っています。

株式会社曽束鈑金製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

トラック用バンパー、フェンダー、サイドバンパー、梯子、トレーラーボックス、ランプ台等、トラックパーツを主に製造しています。図面がなくても、トラックの形状に合わせて1台からでも製造します。

株式会社曽束鈑金製作所 技術者の思い

技術者の思い

トラックパーツを短納期で製作できるのが弊社の強みです。ご希望の納期には、「何とかしましょうー」とお答えしています。
できる限り、ご希望に沿った納期になるように製造工程を工夫しています。

製造プロセス

株式会社曽束鈑金製作所 製造プロセス1

01設計

3次元CAD・CAMで設計とシミュレーションを行います。

次の工程
株式会社曽束鈑金製作所 製造プロセス2

02レーザー切断

レーザー切断機で高精度に切断します。

次の工程
株式会社曽束鈑金製作所 製造プロセス3

03曲げ工程

ベンダー(曲げ機械)で熟練の職人が1/ 100度の角度で曲げを行います。

次の工程
株式会社曽束鈑金製作所 製造プロセス4

04溶接工程

ベテラン職人により、丁寧に溶接します。

次の工程
株式会社曽束鈑金製作所 製造プロセス5

05組立・仕上げ

組立して、最終は溶接部が判らないように綺麗に仕上げを行います。

株式会社曽束鈑金製作所 使われている場所

06どんなところに使われているの?

主にトラックの装飾品に使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社曽束鈑金製作所 ものづくりを支える仕事

販売

販売は、関連会社の株式会社U.K.corporationがメインで販売しています。オンラインショップもございます。

株式会社曽束鈑金製作所 ものづくりを支える仕事

品質部門

全数、目視による外観検査とノギスによる抜き取り寸法測定を行います。

株式会社曽束鈑金製作所 ものづくりを支える仕事

親睦会

定期的に親睦会を行っています。

会社概要

事業内容 :板金加工及びステンレス製品の製作
設立 :1968年3月
代表者 :代表取締役社長 曽束 健治
所在地 :〒613-0043 京都府久世郡久御山町島田堤外21-1
電話番号 :0774-44-1059
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ