京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年7月24日

株式会社木村精工

株式会社木村精工

地域:山城 / 綴喜郡
業種:24:金属製品製造業
50音:カ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
携帯機器関連
検査機器
自動車関連

我社の仕事

木村精工は、アルミニュウム ステンレス 鉄 などの金属精密機械加工を行っております。
常にお客さまにご満足いただくことを第一に考えています。それは、高品質な製品を提供させていただくこと。木村精工のセールスポイントは、価格ではなく、高度な技術力。他社の追随を許さない、高品質な製品を適正な価格で提供します。木村精工ならではのスピードと高度な技術力で、お客さまの期待を裏切ることのない価格以上のレベルの製品をつくっている自負があります。
当社の製品は、半導体製造装置、各種自動機、省力化装置、医療機器部品の製造を行っており、その装置で作られた商品は、家電、スマートフォン、自動車など我々の身近な商品に使用されております。

株式会社木村精工 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、複雑形状のマシニングセンタ量産加工品です。
【材質】SS400 【加工精度】0.01ミリ 【納入業界】半導体装置製造メーカー
チャッキングが非常に難しい形状の製品で、第一工程の6面加工により、寸法、直角、平行、平面度等を限りなくゼロにすることで後工程がスムーズになりました。はじめにひと手間かけることで、最後まで寸法、精度が安定した仕上がりになりました。

株式会社木村精工 技術者の思い

技術者の思い

木村精工では第一工程の6面挽きこそが基本であり、また最重要だと考えております。
第一工程で寸法、直角、平行、平面度等を限りなくゼロにすることで後工程がスムーズになり、安定した加工が可能になります。
加工が安定すれば高精度の実現は容易になります。
これが実現可能なのは加工、材質の特性等を知り尽くしたキャリア40年の汎用フライス技術があってこそ。
はじめにひと手間かける・・・
これが後に時間短縮にもつながり高精度な製品をご提供できる理由です。

製造プロセス

株式会社木村精工 製造プロセス1

01お問い合わせ・見積り

少数精鋭組織ならではの軽いフットワークでお客様のお問い合わせに対応し、見積りを行い、仕様打合せを行います。

次の工程
株式会社木村精工 製造プロセス2

02加工プログラム作成

御要求の図面に基づき、最適な加工プロセス、加工バイトを選定し、プログラミングします。

次の工程
株式会社木村精工 製造プロセス3

03製品加工

加工プログラムに基づき、製品形状、材質により、3台のマシニングセンタから、最適な機械を選定し、切削加工を行います。

次の工程
株式会社木村精工 製造プロセス4

04検査・出荷

ミクロン台の精度を出すには加工機械を操る技術とともに必要なのが測定技術。
様々な測定器やゲージを使用し職人による確かな測定技術で精度、品質の管理をしています。

株式会社木村精工 使われている場所

05どんなところに使われているの?

熟練した技能者が、汎用フライスを扱っており、高精度の部品加工を行っております。

ものづくりを支える仕事

株式会社木村精工 ものづくりを支える仕事

加工プログラム

キャムタス製  たまごWin 2軸半仕様
お客様の図面をベースに加工プログラムを作成します。

株式会社木村精工 ものづくりを支える仕事

マシニングセンタ

森精機製・ファナック製・スギノマシン製の3台のマシニングセンターを保有しており、あらゆる複雑な形状、精度を実現します。

株式会社木村精工 ものづくりを支える仕事

汎用フライス盤

熟練した技能者が、汎用フライスを扱っており、高精度の部品加工を行っております。

株式会社木村精工 ものづくりを支える仕事

測定器

TESA製 Hite700、ブロックゲージなどの測定器を揃えており、ご要求の要求精度にお答えします。 

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

非公開: 半導体 | チャック | 汎用フライス盤 | マシニングセンター | 切削加工

会社概要

事業内容 :半導体製造装置部品、各種自動機、省力化装置部品、医療機器部品の製造
設立 :2006年 1991年(創業)
代表者 :代表取締役 木村 富一
所在地 :〒610-0341 京都府綴喜郡宇治田原町南溝尻21-1
電話番号 :0774-99-7090
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ