京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年11月1日

株式会社松尾機型

株式会社松尾機型

地域:南区
業種:26:生産用機械器具製造業
50音:マ行

どんなところに使われているの?

工作機、組立機
自動車関連

我社の仕事

当社は、大量生産につながっていく部品の金型を、オーダーメイドで製作しております。作業現場は、けっして快適とはいえませんが、自ら作った金型を基に、機械部品が大量生産されることに、やりがいを感じることができます。当社では、「良い金型が良い製品を生む」ということを常に意識した、質の高い仕事に達成感を感じる方を求めています。

株式会社松尾機型 自慢の逸品

自慢の逸品

当社の金型は、技術の進歩により顧客からの要求もより厳しくなってきており、この要求に対してさらなる精度向上が実現できるよう金型設計技術、加工技術を日々磨いています。この日々の技術向上に対する取り組みがあるからこそ、今があると思っています。左の写真は当社が製作した金型の写真です。

株式会社松尾機型 技術者の思い

技術者の思い

当社が製造した金型は、次の3点の特徴があります。
【金型設計】プレス加工の構想から細部にわたる緻密な設計、3次元モデリングからNCプログラムの作成
【機械加工】CNC工作機械を中心とした高精度加工
【金型仕上】卓越した技術で高品質の金型作成
上記の事業内容の強力な連携により、高品質・短納期で金型を製作しています。

製造プロセス

株式会社松尾機型 製造プロセス1

01設計

CADにて金型部品の設計を行います。

次の工程
株式会社松尾機型 製造プロセス2

02部品加工

部品が大きいため、加工する機械も大きなマシニングセンタにて行います。

次の工程
株式会社松尾機型 製造プロセス3

03組立

金型の組み立てです。上型、下型の位置合わせなど精密な組み立てとなります。

次の工程
株式会社松尾機型 製造プロセス4

04試打ち

出来上がった金型が仕様通りにできているか試打ちを行い確認します。

株式会社松尾機型 使われている場所

05どんなところに使われているの?

自動車などの部品として、いろいろなところで使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社松尾機型 ものづくりを支える仕事

設計部門

落ち着いた雰囲気で金型部品設計を行っています。

株式会社松尾機型 ものづくりを支える仕事

製造部門

小さい設備から大きな設備が揃っています。ここで、部品加工、金型組立、試打ちを行います。

株式会社松尾機型 ものづくりを支える仕事

総務・事務部門

総務事務関係を担当しています。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

プレス加工 | 3Dモデリング | NC | CNC | CAD | マシニングセンター

会社概要

事業内容 :金型設計、機械加工、金型仕上など
設立 :1968年8月
代表者 :代表取締役 松尾 知英
所在地 :〒601-8128 京都市南区上鳥羽大柳町45
電話番号 :075-671-6916
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ