京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年7月27日

株式会社洛匠

株式会社洛匠

地域:伏見区
業種:27:業務用機械器具製造業
50音:ラ行

どんなところに使われているの?

医療機器・健康機器
検査機器
環境・エコ
薬品・健康・医療
食品

我社の仕事

当社は、創薬・再生医療と理化学分野に向けた各種専用装置の企画開発・生産を行っています。主に幅広い各分野の最先端技術に携わっております。特許取得なども、目標というよりも身近な通過点という認識で、『観察力』で課題を発見、分析力、技術力で確実に会社も商品力も急成長していることをスタッフ一同が感じています。

株式会社洛匠 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、小型プログラムディープフリーザです。製品の特長としては次のようなポイントがあります。●凍結はもちろん、解凍も昇温プログラム可能 ●パソコンで温度やプログラムの設定が可能 ●±0.1℃/min.の傾きが最低速度 ●急速冷凍・解凍は±2℃ ●一定温度の運転(±0.2℃の精度) ※特注対応可 ●自由な温度設定 ※特注対応可 ●過酸化水素滅菌可

株式会社洛匠 技術者の思い

技術者の思い

株式会社洛匠は、①再生医療・バイオ分野、②理化学装置分野、③FA用検査装置分野の3つの分野で、最先端研究をサポートしています。そこには、これまでに培ってきた、「工学・理学系の理化学機器の設計・製作技術」があり、また「ファクトリーオートメーションの電気設計・制御設計、施工技術」があります。これらが基盤となっているからこそ、最先端技術に役立つモノづくりに活用できるのです。

製造プロセス

株式会社洛匠 製造プロセス1

01要望確認

顧客の要望を聞き、その要望をいかに機能として盛り込むか、またより良い提案ができるかが、非常に重要です。

次の工程
株式会社洛匠 製造プロセス2

02設計

要望に基づいた仕様に基づき、構想設計・詳細設計を行います。

次の工程
株式会社洛匠 製造プロセス3

03組立

商品の組立を行います。

株式会社洛匠 使われている場所

04どんなところに使われているの?

大学や、病院などの医療分野などに主に使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社洛匠 ものづくりを支える仕事

設計部門

顧客の要望に対して、目的などを把握して新たな機能提案などが行えるように設計していきます。

株式会社洛匠 ものづくりを支える仕事

製造部門

建屋の1Fが製造部門です。

株式会社洛匠 ものづくりを支える仕事

管理事務部門

会社の経理、資材、総務業務などを行っています。

株式会社洛匠 ものづくりを支える仕事

サンキープ

写真は電界技術を利用した商品です。電界技術で水を処理し、農地の土を元気にし、育つ作物を元気にします。さらに電界技術で作物を元気に保存します。我々はこの21世紀の時代に電界技術で暮らしを支えます。

会社概要

事業内容 :再生医療向けインキュベーター 、再生医療向け小型プログラムディープフリーザー等の開発
設立 :2009年4月
代表者 :代表取締役 玉山 久高
所在地 :〒612-8404 京都府京都市伏見区深草向川原町20-35
電話番号 :075-642-5032
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ