京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年7月31日

株式会社田中印刷

株式会社田中印刷

地域:南区
業種:15:印刷・同関連業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

スポーツ関連
パソコン・通信
娯楽
家電
工作機、組立機
建築
携帯機器関連
日用雑貨
検査機器
環境・エコ
美容
自動車関連
薬品・健康・医療
衣料
食品

我社の仕事

1950年に伏見区深草に「田中印刷所」として創業開始した弊社は、1961年に「有限会社田中印刷」に社名変更し、伏見区西桝屋町に移転しました。当時は名刺などを中心に印刷していました。その後、帳票印刷を中心に幅広く事業展開し、製本工場・印刷工場を増設しました。2011年秋に、受注拡大と輸送等の非効率を解消するため、京都市南区の久世工業団地に本社・工場として新築移転し、更に事業拡大を図っています。

株式会社田中印刷 自慢の逸品

自慢の逸品

医薬品関係の添付文書等、他社が取り組みたくない、取り組めない製品を取り扱っています。印刷から仕上げ加工、納品まで求められる品質が高い製品となります。
また2018年5月よりオリジナル付箋紙の製造を開始いたしました。

株式会社田中印刷 技術者の思い

技術者の思い

将来を見据えて、最新鋭機と自社開発設備による生産性と効率化を追求しています。左の写真は、自社開発した、自動糊付け機による安定した剥離性を実現した機械です。このように今まで人手に頼っていた作業を機械による自動化を進めることで、省力化と生産性、品質などを向上するようにしています。

製造プロセス

株式会社田中印刷 製造プロセス1

01仕様打合せ

お客様からご依頼頂いた内容を社内スタッフで綿密に打ち合わせします。

次の工程
株式会社田中印刷 製造プロセス2

02デザイン

お客様や、営業の指示に従って印刷するデータをつくります。

次の工程
株式会社田中印刷 製造プロセス3

03印刷

培ってきた実績と信頼を誇る高品質バックカーボン印刷。裏面にカーボン印刷し、複写できるバックカーボン印刷は、ノーカーボンの伝票よりも水に強く、複写濃度が濃いというメリットがあり、改めて見直されている商品でもあります。

次の工程
株式会社田中印刷 製造プロセス4

04包装

自動包装機により簡単な操作で、自動で製品をしっかりと包装します。大切なお客様の製品を、安定して供給できる上、人的ミスや人件費削減にも大きく貢献しています。

株式会社田中印刷 使われている場所

05どんなところに使われているの?

大学、病院、役所関係等、様々なお客様からご依頼頂きご使用頂いております。

ものづくりを支える仕事

株式会社田中印刷 ものづくりを支える仕事

営業部門

商談コーナです。お客様との商談を行う時に使用します。

株式会社田中印刷 ものづくりを支える仕事

印刷部門

輪転印刷機で高速印刷します。

株式会社田中印刷 ものづくりを支える仕事

仕上げ部門

断裁など印刷後の後加工をします。

株式会社田中印刷 ものづくりを支える仕事

食堂

当社の食堂です。昼食・休憩などに使用します。

会社概要

事業内容 :コンピュータ用紙、複写伝票の製造販売とオリジナル付箋紙の製造販売
設立 :1950年2月1日
代表者 :代表取締役 田中 正雄
所在地 :〒601-8203 京都市南区久世築山町452-4 (久世工業団地内)
電話番号 :075-933-2191
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ