京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年9月14日

株式会社福永製作所

株式会社福永製作所

地域:伏見区
業種:24:金属製品製造業
50音:ハ行

どんなところに使われているの?

インテリア
医療機器・健康機器
検査機器
薬品・健康・医療
衣料

我社の仕事

当社は、金属や樹脂などの材料をマシニングセンタや旋盤などを用いて機械加工を行い、表面処理まで行っています。企業様との直取引を基本とし、いただいた図面をもとに、使われる部材、表面処理、用途などを考慮してVA提案や加工を行っています。

株式会社福永製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

旋盤加工に関しては、どこにも負けない加工技術を持っています。また、加工が難しい形状であったり、精度が厳しいものでも、加工方法や治具などを用いて、加工します。そして、加工品の仕上がり状態を維持するための保管状態にも考慮しています。写真は、旋盤加工した事例です。形状的には難しくありませんが、寸法がφ160の形状で、表面処理含めて加工精度が9μm以内になるように精密加工を行っています。

株式会社福永製作所 技術者の思い

技術者の思い

当社は、納期を第一に対応しています。さらに、図面通りに仕上げるのは当然として、その商品に要求されていることを考慮してお客様の立場に立って、製品を仕上げています。そして、ものづくりに携わっている喜びを大事にしたいと思っています。写真は、加工事例です。写真ではわかりにくいですがこの後メッキ処理を行いますが、メッキ後の表面がきれいになるようにメッキ処理される部分を磨き加工しています。

製造プロセス

株式会社福永製作所 製造プロセス1

01フライス加工

面加工、溝加工、穴加工などを行います。

次の工程
株式会社福永製作所 製造プロセス2

02マシニングセンタ加工

マシンに加工物をセットし、作成したプログラムに基づいてマシンが加工を行います。

次の工程
株式会社福永製作所 製造プロセス3

03旋盤加工

円筒状の部材を加工する場合に用います。特に当社の技術力が評価される工程です。

次の工程
株式会社福永製作所 製造プロセス4

04仕上げ

図面に規定されていない場合でも、その商品に要求されていることを想定し仕上げを行います。

次の工程
株式会社福永製作所 製造プロセス5

05検査・梱包・出荷

図面通りに仕上がっているか検査を行い、梱包し出荷します。

株式会社福永製作所 使われている場所

06どんなところに使われているの?

繊維向け機械、食品包装向け機械などの各種業務用機械に使用され、衣類や、食品梱包、印刷物など様な用途に使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社福永製作所 ものづくりを支える仕事

フライス加工エリア

加工する刃物を交換することにより、いろいろな加工ができます。

株式会社福永製作所 ものづくりを支える仕事

旋盤加工エリア

特に精度よくいいものを作るために、加工方法、加工の順序、治具の検討などを行い、他社では難しいと思われた加工も当社で可能な場合が多くあります。

株式会社福永製作所 ものづくりを支える仕事

仕上げエリア

穴あけ、バリ取り、C面取りなどの仕上げ加工を行います。

株式会社福永製作所 ものづくりを支える仕事

女性も現場で活躍

マシンを操作して加工する現場ですが、女性も当然のように活躍しています。

株式会社福永製作所 ものづくりを支える仕事

事務所

会社全般の総務、経理などを行います。

株式会社福永製作所 ものづくりを支える仕事

食堂

事務所の隣が食堂となっており、昼食時などに利用します。

会社概要

事業内容 :金属、樹脂部品の機械加工
設立 :1981年5月1日
代表者 :代表取締役 福永 好展
所在地 :〒612-8236 京都府京都市伏見区横大路下三栖里ノ内14番地1
電話番号 :075-612-3635
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ