京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2017年9月5日

株式会社筒井

株式会社筒井

地域:山城 / 長岡京市
業種:24:金属製品製造業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

パソコン・通信
医療機器・健康機器
家電
工作機、組立機
携帯機器関連
検査機器
自動車関連

我社の仕事

株式会社筒井鉄工所は、精密板金加工、製缶加工、機械加工を中心にトータルパッケージでお手伝いする会社です。
手掛ける原材料は、金属は勿論のこと、樹脂材料も取り扱っております。
我社の製品は、自動車関連機器、半導体製造装置、検査機器、省力化機器などあらゆる分野で活躍しております。

株式会社筒井 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、厚さ0.5mmのステンレス鋼板2枚を溶接したものです。写真左は我社自慢のファイバーレーザー溶接機で溶接した物。写真右は従来の溶接装置で溶接した物です。
ファイバーレーザー溶接は、レーザーを極小ポイントで照射するため、溶接による熱ストレスがほとんどないために、熱による変形、変色がなく、高精度で綺麗な溶接が可能です。溶接直後手で触れても熱くない加工です。

株式会社筒井 技術者の思い

技術者の思い

我社は、金属加工における熱ストレスを極力少なくし、熱変形、熱変色がほとんどなく、高精度、高品質の金属加工に拘っております。
ファイバーレーザー溶接機の導入。レイザー加工機も最新機器を揃え、熱をかけない加工を行っております。
若い技術者はこの最新の機器を使いこなし、高精度、高品質、短納期で商品を加工しております。

※株式会社筒井鉄工所は、2017年2月1日より株式会社筒井に社名変更しております。

製造プロセス

株式会社筒井 製造プロセス1

01鋼板切断

レーザー加工機で鋼板の裁断、穴あけなどを行います。

次の工程
株式会社筒井 製造プロセス2

02曲げ加工

加工サイズに合わせたブレーキプレスで、鋼板の曲げ加工を行います。

次の工程
株式会社筒井 製造プロセス3

03機械加工

切削加工などが必要な場合は、マシニングセンタで加工します。

次の工程
株式会社筒井 製造プロセス4

04溶接

板厚、材質により、様々な溶接機を使用して溶接します。

株式会社筒井 使われている場所

05どんなところに使われているの?

半導体製造装置などに使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社筒井 ものづくりを支える仕事

ブレーキプレス

㈱アマダ 製 形式 HDS1303NT
加工能力 130t  加工幅 3000mm

株式会社筒井 ものづくりを支える仕事

立形マシニングセンタ

㈱オークマ 製 機種 GENOS M560-V
テーブル作業面の大きさ(mm):1300×560
移動量(XxYxZx)(mm):1050×560×460

株式会社筒井 ものづくりを支える仕事

レーザー加工機

㈱アマダ 製 出力 2kw
切断テーブル(mm): 1524×3048
切断板厚(mm):ステンレス t0.3~8.0
         銅板 t0.5~12.0

株式会社筒井 ものづくりを支える仕事

ファイバーレーザー溶接機

自慢の逸品を作ることができる溶接機です。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

ファイバーレーザー溶接機 | レーザー加工機 | ブレーキプレス | マシニングセンター

会社概要

事業内容 :精密板金加工、製缶加工、機械加工業
設立 :1969年【創業】
代表者 :代表取締役 筒井 敏志
所在地 :〒617-0828 京都府長岡京市馬場六ノ坪17−9
電話番号 :075-954-8665
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ