京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年8月27日

株式会社船屋秋月

株式会社船屋秋月

地域:右京区
業種:09:食料品製造業
50音:ハ行

どんなところに使われているの?

食品

我社の仕事

創業、昭和30年の船屋秋月は福王子店(本店)と京都北野天満宮の門前に店舗を構え、季節感あふれるお菓子、 伝統と新しいお菓子。お客様に近い「船屋秋月」でありたいとの思いから、直営店での店頭販売を中心とし、行き届いた気配りで、お菓子だけではないおもてなしをお届けします。
心をこめて厳選した素材。心をこめて創る職人。 そして、心のこもったおもてなし。お菓子を通して、京都の心を皆様にお伝えしたいと思っております。

株式会社船屋秋月 自慢の逸品

自慢の逸品

代表菓子「招福銘菓 わらしべ長者」は、観音様のお告げで拾ったわらしべを、次々に価値あるものと交換して長者になるという、縁起のいい昔話から生まれた和菓子で、第22回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を獲得した逸品です。
その他にも、和三盆糖を用いて作られた「古都瓦」等、伝統と新しさを融合させた、船屋秋月ならではの特長のあるお菓子作りが信条です。

株式会社船屋秋月 技術者の思い

技術者の思い

「船屋秋月」では、吟味された素材のみを使用しています。 美味しいお菓子をお客様に召し上がっていただきたい。 そのためには、あらゆる努力を惜しみません。
美味しいお菓子に何より必要なもの。それは良い素材。そしてそれを見抜く目。 美味しいお菓子をお届けするため、常に最良の素材を探し続けます。
創業以来、伝統の技法と材料にこだわり、その時々の感性をお菓子にすることにより、お客様がお召し上がり頂いた時に心がほっこりする、また癒しのお菓子でありたい。その様な願いをこめて創り上げております。

製造プロセス

株式会社船屋秋月 製造プロセス1

01餡作り

小豆を炊きます。天候や気温によって餡の出来上がりが変わるため、季節によって火の入れ方や水加減、まぜ加減を調整します。

次の工程
株式会社船屋秋月 製造プロセス2

02包餡

京菓子には「包餡」と言われる「餡を生地で包む」技術があります。すべて手作業で、丁寧にひとつひとつ生地に餡を包んでいきます。

次の工程
株式会社船屋秋月 製造プロセス3

03乾燥

網の上で乾かしながら一晩おき、自然乾燥させます。この段階で品質のチェックも行います。異物や不具合がないかの確認も行います。

次の工程
株式会社船屋秋月 製造プロセス4

04販売

銘菓と呼ばれる京菓子の数々。目にも鮮やかで豊富なバリエーションのものが店頭にて日々販売されております。

株式会社船屋秋月 使われている場所

05どんなところに使われているの?

「天神さん」にちなんだお菓子をはじめとし、四季折々の移ろいを感じさせる上生菓子や、贈答品も取り揃えております。

ものづくりを支える仕事

株式会社船屋秋月 ものづくりを支える仕事

福王子本店

良い田、素晴らしい野という意味もある「宇多野」という地に船屋秋月の本店があります。

株式会社船屋秋月 ものづくりを支える仕事

北野店

北野天満宮の門前にて店舗を構えています。北野店限定のお菓子など豊富な商品を取り揃えています。

株式会社船屋秋月 ものづくりを支える仕事

The CUBE専門店街

京都の中心地では、地元の方から観光客、外国人観光客の方まで様々な方が来店します。

株式会社船屋秋月 ものづくりを支える仕事

京酒まん

北野店の場所は、「この花」という造酒屋の一角にあたり、ここで北野天満宮の御神酒が作られていました。「京酒まん」はそんな歴史を語り継ぐ、お酒の風味が程よいこしあんの蒸し饅頭です。

株式会社船屋秋月 ものづくりを支える仕事

桜花がゆ

解熱作用や消化の良さから薬用としても知られる葛粉。京くず湯「桜花がゆ」は、桜花のほのかな塩味と色合いを効かせた、心も体も温まる葛湯です。葛・小豆・抹茶の3種類があります。

株式会社船屋秋月 ものづくりを支える仕事

古都瓦

第19回全国菓子大博覧会 大臣賞
古都・京都の風情漂う瓦を型どり、和三盆の風味をいかしたお菓子です。お抹茶に合う上品な甘さで、ご贈答品にも喜ばれています。

会社概要

事業内容 :和菓子の製造および販売
設立 :【創業】1955年
代表者 :代表取締役 坂井 敏宏
所在地 :〒616-8208 京都市右京区宇多野福王子町13-3
電話番号 :075-463-2624
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ