京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年5月25日

株式会社西岡商店

株式会社西岡商店

地域:南区
業種:12:木材・木製品製造業
50音:ナ行

どんなところに使われているの?

インテリア
日用雑貨
食品

我社の仕事

当社は創業以来、京都の伝統的な素材、吉野の杉、檜を中心にして木箱、折箱を製造している会社です。
木地が呼吸することにより、食べ物の蒸し具合など水分を適度に調整し、木の香りで食材の美味しさを引き立ててくれ、より美味しく見せるための演出効果を生んでいます。
京都老舗の料亭、仕出屋、寿司屋、和菓子屋、佃煮屋などに、折箱、弁当箱、重箱を提供しております。

株式会社西岡商店 自慢の逸品

自慢の逸品

老舗料亭などからの高い要求に応えるため、製造はすべて手仕事で行っています。素材や形、色などを綿密に打ち合わせ、受注ごとに試作品製作を行うことで、依頼主の持つイメージにより近い箱を製作しております。写真の商品は吉野杉で淵枠を厚くした組立により、杉の素材感と香りで、上品な仕上がりとなっています。また、ご使用後も小物入れとして再利用できる丈夫な構造で、持ち帰り弁当箱として人気があり、料亭からは高い評価をいただいています。

株式会社西岡商店 技術者の思い

技術者の思い

<玉手箱>
長年、京料理の裏方として培われてきたその高い技術を生かして、木材と紙の素材を合わせた折箱を開発しました。紙箱のように型代も必要なく、丈夫で京都らしい上品な折り箱です。サイズは製品に合わせてお作りし、また個数は10個から対応できますので、お客様オリジナルの玉手箱が製造可能です。
古い伝統と新しい感覚を持って、オリジナルな商品を提供しています。

製造プロセス

株式会社西岡商店 製造プロセス1

01組立

淵枠と底板に接着材を塗布して、ゴムで仮止めします。

次の工程
株式会社西岡商店 製造プロセス2

02成形

組立後、バリ取り研磨を行います。

次の工程
株式会社西岡商店 製造プロセス3

03組立

2段折り箱・お重では、底下駄を取り付けて仕上げます。

株式会社西岡商店 使われている場所

04どんなところに使われているの?

料亭や旅館、ホテル等でご使用いただいております。

ものづくりを支える仕事

株式会社西岡商店 ものづくりを支える仕事

事務所

明るい事務所で気軽に話せて楽しい職場です。お客様との窓口から、納期管理まで行います。

株式会社西岡商店 ものづくりを支える仕事

食堂

綺麗な社員食堂があります。

株式会社西岡商店 ものづくりを支える仕事

サンプル棚

応接コーナーにお重と折り箱のサンプルを多数置いており、手に取ってご確認いただけます。(写真はお重の棚)

株式会社西岡商店 ものづくりを支える仕事

弁当箱組立

弁当箱は強度確保と高温対応のため釘で固定。

株式会社西岡商店 ものづくりを支える仕事

2重底弁当箱

2重底で丈夫さと水分対応力アップが期待されます。

株式会社西岡商店 ものづくりを支える仕事

関連商品販売

料亭や旅館に折り箱だけでなく、洗剤等の台所関連用品も一緒に販売しています。

会社概要

事業内容 :折箱製造
設立 :1972年4月
代表者 :代表取締役  青木 賢一
所在地 :〒601-8042 京都府京都市南区東九条西御霊町19 
電話番号 :075-691-3728
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ