京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年1月16日

株式会社阪口製作所

株式会社阪口製作所

地域:伏見区
業種:24:金属製品製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

工作機、組立機
検査機器
自動車関連

我社の仕事

多くの分野で活躍している金属プレス部品をつくり続けるSAKAGUCHIでは、「顧客満足=カスタマー・サティスファクション」の考え方を重視し、お客様へ本質的な満足をお届けすることを目指しています。SAKAGUCHIのプレス部品を使われるお客様が笑顔であること、またSAKAGUCHIのプレス部品を組み込んだモノを使われるお客様も笑顔であること。そのために当社ではプレス加工はもとより、すべての工程において感謝と思いやりを込め、たくさんの素晴らしい笑顔を生みだしたいと考えています。お客様の笑顔はひいては企業の喜び、社員の幸福であり、さらに豊かな社会の創造にも貢献できるとSAKAGUCHIは信じているのです。

株式会社阪口製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

創業から今日に至るまで「複雑異形状なモノを大量生産する」をキーワードに、 お客様のご期待に応えてきました。そして近年はその開発力と技術力が国内外で評価され、 金属プレス部品のなかでも特に高い精度と品質が求められる自動車用安全部品 (シートベルト金具・エアーバック金属部品)を主力製品として手がけるまでに成長してきました。 さらに今後は、[サーボプレス化計画]を提唱し、高品質な製品を安定して大量供給できるシステムを構築することで、 次代を担うテクノロジーの扉を開くことにチャレンジしております。

株式会社阪口製作所 技術者の思い

技術者の思い

2003年に他社にさきがけて、サーボプレス機を導入し今では国内メーカー4社のサーボプレスを計8台導入しています。各メーカーの特性を活かしたサーボモーション技術と60年以上の経験を積み上げた金型技術で複雑異形状なモノを高品質に大量生産しています。

製造プロセス

株式会社阪口製作所 製造プロセス1

01設計・金型制作

創業60年をこえる経験をバックボーンに最新の3DCADシステムをフル活用し、お客様の満足を生みだしています。充実したNC加工機器、卓越した技術者によって創り出される順送金型は、当社の自慢の一つです。

次の工程
株式会社阪口製作所 製造プロセス2

02プレス加工

最新テクノロジーによって開発されたプレス機を他社に先がけて導入、複雑異形状なモノを大量に生産しています。

次の工程
株式会社阪口製作所 製造プロセス3

03検査・出荷

「品質の創り込み」を行い、最新鋭の画像測定器を駆使した精度保証により、お客様の信頼を得ています。お客様のご要望通り、迅速・丁寧に対応し、思いやりをもって信頼をお届けしています。

ものづくりを支える仕事

株式会社阪口製作所 ものづくりを支える仕事

営業

多くの方に弊社のことを知ってもらうために、企業展示会(京都ビジネス交流フェア等)にも出展しています。

株式会社阪口製作所 ものづくりを支える仕事

海外生産拠点

タイ現地法人を設立し海外生産の充実を図っています。

会社概要

事業内容 :自動車用安全部品を主とした金属プレス加工業
設立 :1957年4月1日
代表者 :代表取締役社長 阪口雄次
所在地 :〒613-0905 京都市伏見区淀下津町221番地
電話番号 :075-631-3201
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ