京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年6月20日

株式会社阪村機械製作所

株式会社阪村機械製作所

地域:久世郡 / 山城
業種:26:生産用機械器具製造業
50音:サ行

どんなところに使われているの?

工作機、組立機
建築
携帯機器関連
検査機器
自動車関連

我社の仕事

弊社は、1947年に阪村芳一が大阪の地で線材加工機のメーカーとして創業し、1959年に阪村機械製作所を設立いたしました。以来、フォーマー 及び ねじ転造機を作り続けております。設立以来、いろいろな地域、需要にお応えすべく分社を行い、現在サカムラグループは11社となっており、各社それぞれの分野で成長を続けております。「サカムラ」ブランド、それはお客様からの信頼の証しでもあります。経営理念にありますように、顧客第一主義に徹し、パフォーマンスNo.1の塑性加工技術を追求すると共に、No.1の顧客サービスを追求しております。

株式会社阪村機械製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

フォーマーにおいても、難加工材を高精度に成形する技術が求められており、製品に傷を付けないためのピッキングロボットの研究や、IoTを活用した生産管理システムの開発など、単に機械の設計、製造だけにとどまらず、機械メーカーとしての取り組みはますます多様化しています。
「顧客第一主義に徹し、パフォーマンスNo.1の塑性加工技術を追求する」という経営理念のもと、これからもお客様のニーズを取り込んだ一品一様のフォーマーを製造していきます。

株式会社阪村機械製作所 技術者の思い

技術者の思い

フォーマーに求められることは時代とともに変化します。
より早く、より高精度にといった製品生産に関するご要望や、段取り替え時間の短縮、楽な作業姿勢といった作業性に関するご要望、安全・快適といった作業環境に関するご要望、そして省スペース、コンパクト化 等々・・・・・
サカムラでは何よりもお客様の満足を第一に考え、寄せられたご要望に合わせた一品一様のフォーマーをご提供するために、さまざまなシステムを開発しています。

製造プロセス

株式会社阪村機械製作所 製造プロセス1

01設計

顧客のニーズと新たな技術を取り入れ、設計を行います。

次の工程
株式会社阪村機械製作所 製造プロセス2

02部品加工

設計図面に基づき、マシニングセンタなどで部品加工を行います。

次の工程
株式会社阪村機械製作所 製造プロセス3

03機械組立

装置として非常に大型のものもありますので、数多くの部品を装置に組み込み完成します。

次の工程
株式会社阪村機械製作所 製造プロセス4

04試運転・客先指導

客先の仕様通りに動作するのか、また装置の取り扱い方法などについて客先に対して指導を行います。

株式会社阪村機械製作所 使われている場所

05どんなところに使われているの?

当社の商品が、自動車用、建築用など現代社会に欠かせないパーツ生産に活用されており、そのほかにもさまざまな用途に使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社阪村機械製作所 ものづくりを支える仕事

加工部門

フォーマーの部品を加工する部門です。

株式会社阪村機械製作所 ものづくりを支える仕事

検査・組立部門

検査部門は加工された部品(社内外)を検査し、組立部門に送ります。
組立部門は、フォーマーの製作を行う部門です。

株式会社阪村機械製作所 ものづくりを支える仕事

加工品

当社の装置を使用して、加工された部品の数々です。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

チャック | フォーマー(熱間・冷間) | ベアリングレース | バリ

会社概要

事業内容 :冷間フォーマー,温間フォーマー,熱間フォーマー,ロータリー式ねじ転造機,フォーマー部品,圧造金型,フォーマー関連機器
設立 :1959年3月6日
代表者 :代表取締役社長 中野 孝之
所在地 :〒613-0035  京都府久世郡久御山町下津屋富ノ城46
電話番号 :0774-43-7000
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ