京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2018年4月20日

株式会社電気蜻蛉

株式会社電気蜻蛉

地域:山科区
業種:41:映像・音声・文字情報制作業
50音:タ行

どんなところに使われているの?

その他
スポーツ関連
娯楽
建築
環境・エコ

我社の仕事

我社は光と影によるオルタナティブなスペースデザインとして新たな映像空間を提供している会社です。複眼的な視点に立ち、映像による新しいコミュニケーションを創出し、VR等の技術も取り入れ、その場でしかできない体験を創造していきます。また、アジア地域を中心に国境を超えた映像デザイン活動を展開し、開かれた創造的な交流を目指しています。芸術活動、教育活動を支援し、有効的な提案のヒントにしたいと考えています。

株式会社電気蜻蛉 自慢の逸品

自慢の逸品

プロジェクションマッピングが各地で開催され、認知度が高くなっています。私達は10年以上の映像空間演出を手がけてきた経験を元に、映像投影演出の可能性を切り開いてゆきます。また、私達メンバーは全員が映像表現の研究者であり制作者であります。プロジェクションマッピング、デジタルサイネージをはじめ映像コンテンツ制作に関して、妥協の無い探究心を持って挑んでいます。
特殊環境でのプロジェクションマッピング、360度全球型映像装置、透過液晶ディスプレイなど、弊社独自の映像演出に関する技術・製品を各種有しております。

株式会社電気蜻蛉 技術者の思い

技術者の思い

私達は、東アジア地域を活動範囲として芸術創作活動とそれに伴う展覧会、講演、ワークショップなどのイベント企画を実施する活動を2007年より続けています。これらの企画では、自己表現としての芸術活動にとどまらず、企画を行う地域の十分な考察、体験、理解を得た上、当該国(地域)のアーティスト、デザイナー、企業をメンバーとして、相互の交流活動とともに創作活動を行っています。今後はさらに世界広範囲へと広がる可能性を勘案し、2012年に弊社組織を設立致しました。これにより、さらなる創造的活動と密接したビジネスの展開によって地域や国家間を繋げ、魅力的で豊かな場を創り出していけるものと確信を持ち活動を進めております。

製造プロセス

株式会社電気蜻蛉 製造プロセス1

01営業

新規案件の多くは営業活動により受注につながっています。

次の工程
株式会社電気蜻蛉 製造プロセス2

02企画・デザイン

企画・デザインとも内製を基本としています。

次の工程
株式会社電気蜻蛉 製造プロセス3

03映像コンテンツ製作

オフィス内での制作と現場での実地作業を並行して行います。

次の工程
株式会社電気蜻蛉 製造プロセス4

04プロジェクションマッピング構築①

現場作業
プロジェクターから投影される光の調整

次の工程
株式会社電気蜻蛉 製造プロセス5

05プロジェクションマッピング構築②

現場作業
投影される映像コンテンツの調整

株式会社電気蜻蛉 使われている場所

06どんなところに使われているの?

各種イベント、公共設備、寺院、デパート、ショッピングモール、公園噴水にまで幅広く使用されています。

ものづくりを支える仕事

株式会社電気蜻蛉 ものづくりを支える仕事

事務所

映像機器、PCを揃えた制作体制を整えています。

株式会社電気蜻蛉 ものづくりを支える仕事

イベント企画

ケーキショップとコラボレーションした、スイーツ展示販売プロジェクションショー

株式会社電気蜻蛉 ものづくりを支える仕事

透明液晶映像表示装置の提供

透明液晶映像表示装置を利用した展示ケース。用途に応じて、7インチ~80インチまでサイズ展開が可能です。

株式会社電気蜻蛉 ものづくりを支える仕事

メディア

関西テレビで韓国との共同プロジェクトとして、船の上の巨大バルーンの製作を特集放映

株式会社電気蜻蛉 ものづくりを支える仕事

イベント企画

弊社企画のアジアイラストレーション展覧会
交流トークイベント

会社概要

事業内容 :映像を中心とした広告展示環境、空間の企画・設計・デザイン、広告代理業務とコンテンツデザイン
設立 :2012年7月
代表者 :代表取締役 林ケイタ
所在地 :〒607-8214 京都市山科区勧修寺平田町1 高山会館2階
電話番号 :075-644-9670
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ