京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト「京都ものづくり企業ナビ」

メニュー 京都ものづくり企業ナビ ホーム 業種の紹介 用語集 京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクトとは?

最終更新日:2016年12月7日

株式会社韋城製作所

株式会社韋城製作所

地域:丹後 / 京丹後市
業種:24:金属製品製造業
50音:ア行

どんなところに使われているの?

自動車関連

我社の仕事

弊社は永らく製品重量300g以下の小物の熱間型鍛造業として二輪、四輪エンジン部品を中心に様々な分野の人間の命に係わる部分の部品の素材を手掛けております。また平成17年から型鍛造の金型の設計、切削技術を鍛造以外の分野に展開いたしまして難削材、高硬度材のマシニングによる高精度精密加工を中心に少量多品種、高精度機械加工も得意としております。

株式会社韋城製作所 自慢の逸品

自慢の逸品

写真は、手のひらサイズの鍛造品の数々で、主に自動車関連の部品です。
①小物②異形③小ロットが得意です。

株式会社韋城製作所 技術者の思い

技術者の思い

1つの鍛造品を製作するのにいろんな工程があり、その中には日本古来の技術から最先端の技術まで様々な技術が蓄積されています。そんな新古の技術を駆使し社員みんなで一丸となり創り上げる。絶類である。

提供:丹後ものづくり企業ナビ(丹後機械工業協同組合)

製造プロセス

株式会社韋城製作所 製造プロセス1

01金型設計

3次元CADで金型の設計を行います。

次の工程
株式会社韋城製作所 製造プロセス2

02金型製作

マシニング、放電加工機等いろんな機械で金型を製作します。

次の工程
株式会社韋城製作所 製造プロセス3

03鍛造工程

材料を熱して鍛造プレスで必要な形状に成形します。

次の工程
株式会社韋城製作所 製造プロセス4

04焼準

金属組織の均一微細化します。

次の工程
株式会社韋城製作所 製造プロセス5

05ショットブラスト

ショットと呼ばれる鋼や鋳鉄製の粒子などを製品の表面に打ち当て表面を仕上げたのち検査し出荷します。

株式会社韋城製作所 使われている場所

06どんなところに使われているの?

バイク、車のエンジン部品に使用されております。

ものづくりを支える仕事

株式会社韋城製作所 ものづくりを支える仕事

精密部品加工部

3軸~同時5軸高精度マシニングセンター6台をメインに精魂こめて様々な部品を製作しています。

株式会社韋城製作所 ものづくりを支える仕事

精密加工部検査係

目視から3次元測定器まで使用し厳しく検査を行います。

株式会社韋城製作所 ものづくりを支える仕事

精密加工品サンプル

金型関連部品から産業機械部品まで幅広く手掛けております。

株式会社韋城製作所 ものづくりを支える仕事

鍛造部

誰でも出来る仕事ではございません。プレス工はまさに職人技。

株式会社韋城製作所 ものづくりを支える仕事

入退室管理体制の徹底

工場内の立ち入りに関しても静脈管理で入退室の管理を行い徹底した安全性を実現しております。

もっとものづくりを学ぼう!

このページで使われている専門用語

鍛造加工 | 金型 | 放電加工機 | 焼準 | ショットブラスト | マシニングセンター | 三次元測定機 | プレス加工

会社概要

事業内容 :精密熱間鍛造、金型設計製作、精密部品の加工
設立 :2000年10月
代表者 :代表取締役社長 山本 正
所在地 :〒627-0014 京都府京丹後市峰山町四軒20-2
電話番号 :0772-62-1139
※当事業は、京都府が厚生労働省の「戦略産業雇用創出プロジェクト」の採択をうけて、京都市をはじめとする産学公の「オール体制」で実施する「京都次世代ものづくり産業雇用プロジェクト」の一環として実施するものです。
お問い合わせフォーム
京都ジョブパークへ
ページの先頭へ